Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

2018.12.24

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事では、AIがどのようにマーケターの仕事を奪うのではなく、変えるのかについて書いていきたいと思います。

AIというワードが、広く浸透してから、「AIは人間を超える」や「AIは仕事を奪う」など巷では、いろいろな見解が見られます。

しかし、奪うというのは、とても抽象的で具体性がないです。そこで、AIがどのように仕事を変えていくのか、に着目してみましょう。

まず、前提としてAIにはデータが必要です。

そして、そのデータの処理速度が圧倒的です。また、操作する人間が得たい情報に沿ってコードを書き換えれば、データから何がわかるのかも人間抜きで判断してくれます。

ここで言いたいのは、AIはマーケターのデータ操作を大きく変えるということです。圧倒的効率が手に入ります。

というのも、マーケターが苦手としている部分をAIが補えば、マーケターは得意としていることをすればいいのです。それも、マーケター個人に合わせて行うことができるようになるのです。

同じマーケターという仕事でも、その中には様々な得手不得手があります。その不得意をAIが、得意をマーケターが行うことで、作業効率、およびビジネス効率は大幅に上昇します。

つまり、より個人に特化したマーケティングを顧客サイドではなくビジネスサイドで行うことができるのです。そうすると、顧客サイドにはより大きな価値を提供できるようになります。

AIは、利用するもので、ビジネス効率を最大化する一助にすぎません。

「AI×マーケター」という捉え方が、とてもいいと思います。

まだまだ未発達な部分の多いAIは、今後さらに進化して、まだ想像できないような変化をもたらすと思います。

マーケティングという活動のほとんどをAIが占めたとしても、人間のマーケターというのは必要だと思います。むしろ、AIが無駄を省いて生まれるマーケティング活動が真のマーケティングであるかもしれません。

引用;Marketing Land「AI in action」より

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

inglowは名古屋を拠点にマーケティングオートメーション導入時のサイト設計から、運用時のキャンペーン設定などを行っています。また、入り口となるWebプロモーションから一気通貫で企業の販促支援を行うデジタルマーケティング会社です。お問い合わせはこちらから。

Related Blog
関連記事

2019.01.17
2019年・IoT時代に押さえておくべき3つのポイント
2018.12.20
様々な個人に特化した”フリーサイズ”のウェブサイトとは?
2018.12.19
マーケティングとIT技術の乖離の架け橋を担うものとは?
2018.12.11
シリコンバレーのユニコーン調達額をランキングしてみた。
2018.12.06
【2018年終了間近】2019年のトレンドになるだろうB2Bマーケティングとは?