Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

WhatsAppがついに広告に参入!より個人に特化した広告とは??

カテゴリ:AI, SNS, Webプロモーション, Web広告, チャットボット, デジタルマーケティング, マーケティング, リードマーケティング

2018.11.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

inglow’s blogをご覧の皆さん、こんにちは!

株式会社inglowの村上嘉一(かいち)です。

今回は、タイトル通りフェイスブック傘下のSNSであるワッツアップが広告に参入するニュースについてです。

出典:Marketingland「WhatsApp ads are coming: Will advertisers start buying?

記事によると、ワッツアップの広告は、より個人に特化してるとのことです。

似ているSNSにスナップチャットがありますが、スナップチャットの広告は個人に特化していないという点で成功を収めました。

では、どのように個人に特化しているのでしょうか。

記事によると、ワッツアップというのは個人間でのメッセージのやりとりが頻繁に行われるSNSです。そこで、広告とメッセージのやりとりができるようにするのです。その際は、AIを運用してやりとりをするそうです。とても面白いですね。

似たような広告方法に、日本では、LINEがありますが、AIを使うことでそのやりとりをより自然に行えるようにするのが、ワッツアップの広告みたいです。

前回の記事でも書いたように、今後の広告のあり方はより個人に特化していくと思われます。

個人情報のセキュリティーの面など危惧すべき点は多々ありますが、より個人になると言うことは、無駄な広告が少なくなると言う未来も提示してくれます。

今回のワッツアップの広告が発端となってくれるといいですね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

inglowは名古屋を拠点にマーケティングオートメーション導入時のサイト設計から、運用時のキャンペーン設計などを行なっています。また入口となるWebプロモーションから一気通貫で企業の販促支援を行うデジタルマーケティング会社です。お問い合わせはこちらから。

Related Blog
関連記事

2019.03.20
時短!Rails5+Bootstrap3で簡単開発
2019.03.18
Rubyとnokogiriを用いたスクレイピング
2019.03.05
アタックリストを自動生成するSFA
2019.01.17
2019年・IoT時代に押さえておくべき3つのポイント
2018.12.24
AIがマーケターの仕事を奪うではなく、変える。