Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

Deviseを用いた簡単なログイン機能実装方法

カテゴリ:エンジニアブログ

2019.06.18

このエントリーをはてなブックマークに追加

devise 機能とは?

devise とは、Railsに入っているgemの一種で、新規登録やログイン機能を簡単に実装してくれます!

では、早速始めていきましょう!
まずは、 Gemfileにこのように記述してください。

1.deviseのダウンロード


その後に、

すると、deviseが使えるようになります。

その後に、

以下のファイルが生成されます。

このように順番に設定するように手順が出てきます。
順を追って、設定していきますが、今回はメールの設定は行わないために、2から行っていきます。

2.ルーティングの設定

まずは、2番ですが、これはconfig/root.rbで最初に飛ぶページのルーティングを設定してください。

でこのような場合、homeコントローラーとtopページを作成する必要がありますが、特に指定はないため、
好きなように設定してみてください。

3、Flashメッセージの設定

このように、bodyのすぐ下にFlashメッセージを書き込んでください。

こんな感じです。

4.viewの作成


このように、多くのviewファイルが生成されます。
viewファイルの中に、deviseのファイルがあり、これでデザインを触れるようになりました。

5.Userモデルの作成

そうすると、このようにUserモデルが自動的の作成してくれます。

Userテーブルをの作成

さっきのUserモデルを作成した時に、マイグレーションファイルも一緒の生成されました。

マイグレーションファイルとは、テーブルの設計図になります。それを元にテーブルが作られます。

このコマンドを打つと、

マイグレーションが実行され、テーブルが作られます。

これで、一通り、作り終えました。

確認

早速立ち上げて確認しましょう。
rails sで立ち上げて、http://localhost:3000/users/sign_up
を開くと、

このように、サインアップの画面が表示されてれいます。
http://localhost:3000/users/sign_in
今度はこのリンクを開いてみると、

このようにログイン画面が表示されていれば成功です。

以上が
deviseの実装方法でした。
細かい設定を知りたい方は、deviseの公式文を見て参考にしてください。

公式ドキュメントはこちらです。
https://github.com/plataformatec/devise

まとめ

今回はdeviseというgemを使ってログイン機能と登録機能を実装していきました。
素早く、設定できてとても便利なので、ぜひ使ってみてください。

inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計する。更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入る。またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。


Related Blog
関連記事

2019.08.20
Webマーケティングに役立ちそうなプログラミング言語について考えてみた。
2019.03.26
【serializeの思わぬ落とし穴!?】アソシエーションを使いこなそう
2019.03.20
時短!Rails5+Bootstrap3で簡単開発
2019.03.18
Rubyとnokogiriを用いたスクレイピング