inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

グーグルの検索履歴が簡単に消せるようになったらマーケターはどうなる??

カテゴリ:Webマーケティング, Web広告, デジタルマーケティング, マーケティング, マーケティングオートメーション, リードマーケティング, 時事ネタ

2018.12.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のグーグルのアップデートでグーグルでの検索履歴を簡単に消すことができ、また表示される広告をコントロールすることができるようになりました。

削除の仕方は、グーグルの検索トップの左メニュー表示から検索におけるデータをタップすると「検索におけるデータ」というページがひらけます。

 

これまで、グーグルを含め多くの検索エンジンサービスは、どうやってユーザ情報を入手するか、そしてその情報をどうやって広告のターゲティングに利用するのかに焦点を当てていました。

しかし、今回のアップデートでユーザの検索情報量が大幅に減ります。

この影響は、リサーチマーケターにどれほどあるのでしょうか。

ユーザが簡単に検索結果を消せるようになってコントロールするようになると、広告主は広告のターゲティングを行うことが難しくなります。また、ユーザが広告を見てすぐにリアクションを取ることができます。つまり、邪魔だと思ったらすぐに消せるようになるのです。

一見これはとてもネガティブな影響に見えます。

しかし、裏を返せば、広告主は反応がないターゲットと反応があるターゲットに選別することができるのです。また、検索履歴を消さなかったということは、そのページの内容に関心を強く持っている、または、そのページに再度訪れる可能性があります。

つまり、広告主はターゲティングの精度を上げることができるということです。

量から質にグーグルはシフトしたということです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

inglowは名古屋を拠点にマーケティングオートメーション導入時のサイト設計から、運用時のキャンペーン設定などを行っています。また、入り口となるWebプロモーションから一気通貫で企業の販促支援を行うデジタルマーケティング会社です。お問い合わせはこちらから。

Related Blog
関連記事

2020.07.29
Webマーケティングの効果的な勉強法(本や教材で本質は学べません)
2020.07.20
LINE広告を解説!
2020.07.13
webマーケティングの10の手法を紹介!
2020.07.02
競合に差をつける!LPデザインの知っておきたい表現のコツ7選
2020.06.25
成果が上がるLP構成のコツ!購買&問合わせ王道テンプレート解説