Web施策実施をきっかけに新部署設立など社内の意識改革に成功!【 株式会社ファミリー 様】

カテゴリ:総合的Web広告実績

公開日:2021.10.14 最終更新日:2021.11.02
このエントリーをはてなブックマークに追加

– Over View

取材にご協力いただいた方

会社名:株式会社ファミリー

HP:https://k-familycarshop.net/

担当者様: 経営戦略室  日置 様 


案件概要

内容: 広告運用(ダイナミックリターゲティング広告、ジオターケティング広告等)

運用媒体: Google、Criteo等

 

– Client Interview

Web広告やWebマーケティングの知見を広げたかった

当初企業内で抱えていた課題はどんな内容でしたか?

日置様/元々はチラシを中心に販売促進を行っており、並行して他社でリスティング広告をやっていました。その当時はWebについてのリテラシーはあまりない状態だったため、今実施しているリスティングの成果が有効的なものなのか判断ができないと感じていました。そんな中、代表からリスティング広告以外のWeb施策を提案されました。

弊社に依頼をすることになった決めてはなんですか?

日置様/リスティング広告を実施していたため、Web広告には抵抗はなく、今持っているデジタル分野の知見を広げられれば思い、inglowより提案されたジオターゲティングとダイナミックリターゲティングを実施することに決めました。
それまで、この中古車販売の業界では、紙のチラシの威力が強く、販売促進としてはまずチラシを打つことが定説でした。それもあって、提案をもらった時は、GPS情報で広告配信を行うことが出来たり、閲覧情報や在庫状況によって違う広告を出したりと、紙媒体では出来ないデータに基づいた可変的なアプローチができるデジタルの力に「Webだとそこまでできるのか」と正直驚きました。

今まで実施してきた販売促進施策や他社からの提案と比較すると、金額的な面では少し高い印象ではありましたが、施策内容をみた上で、他社との差別化ができており、そこに価値を感じたため、inglowに依頼することを決めました。

Web広告を担当する部署が設立。社内での意識改革に貢献。

実施してみて、社内からの声や成果はいかがでしたでしょうか?

日置様/inglowにWeb施策を依頼してから、社内でも体制を整え、Web広告を担当する部署ができました。これは弊社にとっても、大きな一歩だったと感じています。それまでは、一般営業担当の頭には、チラシやポスティングなどの紙媒体での販促しかなかったのですが、Web施策を取り入れたことで、スマホアプリやWebページを活用した訴求ができるようになり、選択肢の幅が広がって、社内の意識の改革ができました。

目標値の達成率は、その月の全媒体の来場者数からWebの施策でとれたCV率を比較していますが、inglowでのWeb施策を実施する前と後を比べると、WebからのCV率は増加しています。弊社としては成果を取るために依頼をしているので、毎月のレポート報告では、出た成果にあわせて相談をさせてもらっているのですが、その成果になった理由を良い成果の時だけでなく、伸び悩んだ時こそしっかりと言語化していただき、それに対する改善を提案をしてくれます。事実と改善の提案がセットで伝えられることが、依頼している側にとっては納得して任せられると感じています。この業界はまだまだチラシでのCVが獲れるので、今後もチラシとWeb両方を活用しながら、より質の高い顧客獲得を目指していきたいと思います。

ポテンシャルが高いと感じた「MAツール」の再導入も検討

今後の展望や期待することはなにかありますか?

日置様/実は以前、専門の部署が立ち上がる前に、MAツールも導入させていただいていたのですが、正直その当時はデータや知見が足りず、使いこなせなかったという過去があります。MAツール自体のポテンシャルは高く、使いこなせれば見込み顧客の管理や分析に活用できると思っているので、体制が整いつつある今、またMAツールの再導入も検討していきたいと考えています。inglowには、多数あるWeb施策のなかで、弊社に最適なものを提案していただけることを期待しています。

制作実績:広告配信バナー
制作実績:キャンペーンLP作成

 

– inglow staff’s voice

寺澤/「お客様の来店数を増やしたい」という課題に対して、Webサイトからの「車の在庫問い合わせ数」をKPIとし、顕在層となるユーザーをWebサイトに流入させる戦略を実施していきました。まず、1人1人の興味・関心と関連性の高い広告を表示させるダイナミックリターゲティング広告を行い、商材が「軽自動車」であったため、「車種」・「色」・「価格」などの情報を、実際にサイト内で行動したデータを独自のプログラムによって集め、最適化を促進させました。また、通常の興味・関心ターゲティングで特定しきれないユーザーニーズに応えるため、サイトにて「在庫車数の問い合わせ」をしているユーザーの行動データと類似した特徴を持つ人に配信する「類似ターゲティング」の手法も用いています。現在は施策が功を奏し、安定した「在庫車数の問い合わせ」が得られております。今後はさらにターゲティングの精度を向上させるため、データをさらに細分化させ、分析して施策を実施しています。

一覧へ戻る