Webマーケティング施策実施で資料請求・問い合わせ数が0件→ 11件/月 に増加!【三和木様】

カテゴリ:総合的Web広告実績

公開日:2021.11.01 最終更新日:2021.11.02
このエントリーをはてなブックマークに追加

– Over View

取材にご協力いただいた方

会社名:株式会社三和木

担当者様:専務取締役 勝野様

HP:https://www.miwaki.co.jp/

 

案件概要:

内容:Webサイト制作、Web広告運用、SNS運用

ターゲット:注文住宅購入検討者

媒体:Google広告(ディスプレイ広告,リマーケティング広告,リスティング広告)/ Yahoo!広告(ディスプレイ広告,リマーケティング広告,リスティング広告)/FB,insta広告(ディスプレイ広告,リマーケティング広告)

 

– Client Interview

ちょうど悩んでいた時、そのスピードと熱量に依頼を決めた

当初企業内で抱えていた課題はどんな内容でしたか?

勝野様/ 弊社は新聞を中心にした広告を20年ほど行っていました。しかし、新聞の購読率も年々下がる中で、Webでの施策にも力を入れなければと思い、そのタイミングでWebサイトを数百万かけて新しく制作することになりました。同時に、Web広告の運用もすることになっていました。Webサイトはデザインにこだわることはもちろん、Webからの問い合わせが取れるサイトづくりを目指していたのですが、出来上がってみると、訪問されない構造のWebサイトになってしまっていました。デザインは満足していたのですが、キーワードを入れて自然検索をしても、検索に引っ掛からず、検索順位も上がらず…。それに対する対応を制作した会社に頼んでいたものの、スピード感が遅く、なかなか修正できずにいましたので、非常にもどかしい思いを抱いていました。

弊社に依頼をすることになった決め手?

勝野様/ 課題を抱えていた頃、ちょうど起業したてのinglow代表(小里)が営業にやって来て、さっそくその課題を話すと、その当時のWebサイトが抱えている問題を次々と見抜いていきました。当時の私は「他の代理店にはない提案をくれそうな会社」という印象を持ち、その後の提案も納得感のあるものだったため、まずは”Webサイトの課題を解決させる”というところから、依頼することに決めました。

初めにWebサイトへの指摘を受けたときに、Web領域に知見のある営業担当の重要性を感じました。総合広告代理店との付き合いが多いと、制作者や作業者が別会社で、営業担当の知識が不足している場面も多く、結局制作担当と直接やりとりをしなければならないこともあります。Web専門の広告会社で、営業にある一定の知見があり、施策を決めていく上で理解して提案してもらえているという印象を持ちました。

問い合わせが増えただけでなく、1件1件の質も上がっている

実施してみて、社内からの声や成果はいかがでしたでしょうか?

勝野様/ 元々はWebからの問い合わせが年間約100件→そこから成約1件を目標値にしていました。それを問い合わせがほぼ0件の状態から、3年かけてWeb施策を継続してきたことで、今年は目標値に到達する勢いでリード獲得ができており、良いペースです。また、配信手法を調整しながら、コアなターゲットに絞って配信するようになってから、問い合わせの質も上がってきていると感じますね。

あと、来場予約とカタログ請求の問い合わせフォームを変更する提案をしていただき実行しました。それをきっかけに、カタログ請求をした顧客の質が上がっており、電話1本で商談まで繋げられる状態になってきています。

営業をかけてきた代表が、Web制作の知見もあり、広告運用も自ら行っていたため、言動に信頼感があると感じました。また、実施までのスピードが速く、助かりました。起業したてということもあり、代表の熱意や、成長意欲・向上心を感じ、誠実に向き合う思いが伝わったため、依頼をすることに決めました。今となっては、悩んでいた時にちょうど営業に来てくれたのは、本当にタイミングがよかったと思います。

さらにコアなターゲットに刺さるような戦略を

今後の展望や期待することはありますでしょうか?

勝野様/ 三和木の家は、和風の注文住宅のため、メインとなるターゲットは所得や行動、思考性に特徴があります。認知を高めていく中で、よりそのコアなターゲットに刺さるような戦略を実施していきたいと思います。そのために配信手法や媒体の選定、オウンドメディアの強化をしていきたいと思います。

また、WebサイトやInstagramでの閲覧をきっかけに、愛知や岐阜の住宅展示場へ訪れるお客様を増やしていけるような施策も実施していきたいです。

一般的な広告代理店と違い、運用者が社内におり、営業のWeb広告やWeb戦略に関する知識が長けていると感じます。的確な回答をもらえて、スピード感もあり、提案や指摘事項にも信頼性があるので、同じように悩みを抱えている担当者にはおすすめしたいです。

inglowが会社としてどんどん大きくなっていく中で、代表の熱意やスピード感が働いている従業員にも伝わっていくと、さらに成長していけると思います。現在は、Web広告以外の販促物も依頼していますので、そこでの今後の成果はもちろんですが、会社自体の成長にも期待しています。

 

制作実績_配信用バナー、広告掲載画像

– inglow marketer’s voice

伊神/ 当初ヒアリング時に、「Webからの流入があまりない」「お問い合わせの件数を増やしたい」「カタログ請求される方の質があまりよくない」という課題感を伺っておりました。そこで、HP全体の改善とWeb広告にてディスプレイ広告で認知をしながらリスティング広告で問い合わせに繋げる戦略を実施させて頂くことになりました。

Web広告に関しては、訴求内容やHPによって適切な広告媒体・配信手法が違うため分析根拠に基づく仮説の元、様々なWeb広告を試しながら、より成果のいい媒体・配信手法で施策を行った結果、お問い合わせ件数増加に繋がっています。また、日々流入キーワードを確認しながら、検索キーワード・広告文の選定を進めていることも成果に寄与していると考えられます。

不動産業界は一般的に、クリック単価(CPC)が高くなってしまう傾向があるため、クリック率は維持しながらクリック単価は業界平均よりも100円以上抑えた配信できるように取り組んでいます。これは今後も継続しながら、検索キーワードや広告文の選定を進め、問い合わせ件数増加に向けた施策を実行していきます。


一覧へ戻る