Marketing Automation

マーケティング・セールス部門の
省力化・キャンペーンの
効果最大化を促します

マーケティングオートメーション(MA)を活用することで
見込客の一元管理から、ひとり一人の顧客に合わせたOne to Oneマーケティングを実現します。
企業のデジタルマーケティングを活性化し、ビジネス機会の創出、顧客生涯価値(LTV)の向上を促します。

 

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、営業活動や様々なチャネルで集めたリード(見込客)の行動を把握し
優良見込客へ育て(ナーチャリング)セールス部門を提供するまでの一連のプロセスを自動化するマーケティングシステムです。

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションでできること

  • リードジェネレーション

    見込客の属性・行動データを一元管理し その後の動向を把握

    リードジェネレーション

    リストを資産として蓄積し 掘り起こし受注率を最大化

  • リードナーチャリング

    見込客の属性群別施策ではなく、 1人1人に合わせたシナリオを設計し施策を行える

    リードナーチャリング

    One to Oneマーケティングの 実現。広告効果の最大化

  • リードクオリフィケーション

    適切なタイミングで マーケティング施策・セールスが行える

    リードクオリフィケーション

    コールドコールを減らし 営業効率を最大化

マーケティングオートメーション(MA)の活用法は業種・販売商品・サービスによって様々です。 ツール選定から、運用時のキャンペーン実行まで
セールス部門での知見を元に貴社に最適なプランニングをいたします。

マーケティングオートメーションが解決する課題

こんなお悩みありませんか?

  • 膨大なリストを元にマンパワーで何百件と電話セールスをしている
  • 営業リストが複数存在しアタック先が重複する
  • TELアポ代行会社へアウトソースしているが受注率が低い
  • セールス担当の異動・退職時、取引が継続せず資産が蓄積されない
  • アタックした顧客の受注時期が遠いと継続訪問できないまま放置し、適した時期を逃している

マーケティングオートメーションを
活用することで解決できます

  • 事例1

    A社 年商30億 従業員200名 人材サービス業

    A社

    求職者の登録までの行動履歴の把握はもちろんのこと、登録後のマッチングも適切なタイミングでアプローチができる。パーソナライズされたメッセージによってマッチング精度も向上。

  • 事例2

    B社 年商10億 従業員数50名 化粧品ECサイト 運営

    B社

    カート放棄フォローメールやリアルタイムデータに基づく顧客起点で必要な情報を携帯のプッシュ通知・自社サイト・メールなどのマルチチャネルで接点を持つことでCVRが大幅に向上。

  • 事例3

    C社 年商50億 従業員150名 住宅メーカー

    C社

    接触した顧客が「今」や「数ヶ月後」どの物件情報を見ているかなどの行動履歴を営業と共有し購買意欲が高まったタイミングでフォロー。自社サイト経由の受注率がUPし、プロモーション施策のマーケティングデータとなった。

マーケティングオートメーション(MA)を運用するには、伴走支援をするパートナーの存在が不可欠です。 カスタマージャーニー・シナリオ設計・インサイドセールスの組成など、導入・運用支援は勿論のこと
前段階のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)導入による広告配信の最適化、
後段階となるセールスフォースオートメーション(SFA)・カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)の連携提案や
OEM開発も私たちにお任せください。 サービス・お見積もりなどの詳細はお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

Contact

コンタクト

企業・団体名*
ご担当者名*
電話番号
メールアドレス*
お問い合わせ項目*
お問い合わせ内容*

*」は必須項目となります。

お問い合わせを受け付けました

このたびはinglowホームページよりお問い合わせいただき誠にありがとうございます。

内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

恐れ入りますが今しばらくお待ちください。