inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

様々な個人に特化した”フリーサイズ”のウェブサイトとは?

カテゴリ:AI, SNS, Webマーケティング, Web広告, デジタルマーケティング, マーケティング, マーケティングオートメーション, リードマーケティング

2018.12.20

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケターは、サイトでマーケティングを行うとき、必ずどこにターゲティングするのかを設定します。

しかし、マーケターは、より多くの層に向けて作りたい、と考えます。

そこで、多くのマーケターは考えるはずです。そんな層にもターゲティングできる、いわばフリーサイズのサイトがあればいいと考えます。

では、フリーサイズのサイトを実現するために何が必要でしょうか?

引用;Marketing Land 「Use predictive personalization to drive increased conversion rates」

上記事によれば、Predictive Personalization systems、和訳すると”予測的な個人システム”がこのフリーサイズのサイトを実現する鍵になると書いてあります。

Predictive Personalization systemsとは、オンライン上にある個人の行動を全て紐付けして、そこから得られる情報を元にして、その個人がどのように行動するのかを予測するというシステムです。

海外サイトでは、このPredictive Personalization systemsがマーケティングを大きく変えると、どの記事でも書かれています。

個人に特化したマーケティングは、おそらく効率だけでなく、顧客に本当に必要とされるものの情報を提供するということにも繋がります。

日本のマーケティングは、まだまだ発展途上で最近マーケティングオートメーション(MA)が使われるようになってきました。

しかし、海外の企業はMAよりも個人に特化したストレスフリーな広告によるマーケティングが主流になり始めています。

日本での浸透は、まだまだ先のことかもしれませんが、このブログから次のフェイズのマーケティングが海外では行われているのだと言う認識を持っていただきたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

***

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション全体を企画、実施し、運用改善していきます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

Related Blog
関連記事

2019.09.10
マーケティングテクノロジーカオスマップ2019JAPAN発表。掲載数は昨年の約1.9倍に。
2019.06.19
AI(人工知能)が変えてしまう!?AI時代のマーケターの役割とは
2019.06.13
チャットボットで高級車が売れた!ーAIチャットボットの可能性ー
2019.04.17
買い物客の行動を分析して広告を表示する「リテールAIカメラ」が登場!
2019.03.05
アタックリストを自動生成するSFA