inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

TikTokAdsStudioを活用したTikTok用の動画の制作方法

カテゴリ:動画広告

2020.03.09

このエントリーをはてなブックマークに追加

TikTokに運用型のインフィード広告を出すときには、TikTokの規定にそった動画を制作する必要があります。それを簡単にできるアプリがTikTokの運営会社であるBytedance社から出ています。簡単にご紹介します。

TikTokAdsStudio

アプリアイコンと編集ホーム画面

Googleストアから「TikTok AdStudio」をダウンロードできます。

ホーム画面をみると、「撮影」「編集」のボタンが出てきます。

撮影はアプリを使用して撮影からできるもので、TIkTokの通常の使い方と同じように撮影するだけで、原稿規定にあった動画を作ることができます。

編集は、動画や静止画など、用意されたものを使用して、TikTokAds用の動画を制作できるものです。TikTokは音ありの動画になるので、ここの機能を使用して、静止画をスライドショーのような動画にしたり、著作権フリーの音楽をつけたりして、動画を完成させることができます。

編集画面

編集画面ではテキストやスタンプ、特殊効果など、様々な効果を動画に付け加えることができます。

動画編集

動画のカットや、順序の変更、速度の変更など、編集が可能です。

テキスト編集

テキストは6種類あります。場面に合わせてテキストを切り替えることができます。

トランジション 

画像や動画の切り替え時に動きのある切り替えを設定できます。

音楽編集

楽曲は著作権フリーの楽曲を選択することができます。シーンに合わせて、カット、切り替えもできます。

特殊効果

動画や画像全体に、シーンに合わせた動きを追加することができます。

例えば昔のTVのようなものや、揺れているような動きなど、15種類から選択できます。

フィルタ

動画や画像の色合い、トーンをフィルタをかぶせることにより変更できます。

まとめ

TikTokで動画を撮影、編集するように、動画の制作ができるので、活用してみるのもありかと思います。

TikTokAds用の動画制作のポイントはこちらのブログにまとまっています。

ぜひご覧ください。

 

*毎月先着5組様限定!Webマーケティングの無料個別相談会*

株式会社inglowでは、WEBマーケティングにおいて課題を抱える企業担当者様向けに、WEBマーケティングのプロに相談できる無料の個別相談会を開催しております。

日々多くの方からご相談を頂くので、お客様一人一人への対応の質を維持するために人数制限を設けさせて頂きました。

▼「Webマーケのことあれこれ相談会」の詳細はこちら!

Webマーケティング無料相談会の詳細及び申し込みフォーム

Related Blog
関連記事

2020.03.05
TikTok広告の動画制作ポイントは?
2020.01.17
旅行先の台北で見た広告「プラットホームTV」
2019.08.29
「動画生活者®統合調査 2019」からみる、動画広告