inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

LINEタイムラインに「ディスカバー」機能が登場!ブランディング活用のポイントや注意点は?

カテゴリ:SNS

2020.04.15

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEタイムラインは、MAU6,800万人(2019年8月時点)が利用しているそうですが、 そんなタイムラインに新たな機能が追加されました。

今までSNSの中でも、クローズドなアプローチがメインだったLINEですが、 InstagramやTwitterのように「あなたへのオススメ」をしてくれる機能が追加されたことで、 これからは新規のユーザー獲得にも活用できそうです。

ちなみに、 MAUは、Monthly Active Users の略。月間のアクティブユーザーのことです!

 

LINEのタイムラインに登場した「ディスカバー」

2020年3月31日のアップデートからLINEタイムライン上に突如新しい機能として登場した「ディスカバー」 。どういった物なのか解説していきます。

今までは…

そもそも、今までは自分と友達になっているアカウントの投稿が、タイムラインに表示されるようになっていました。

ですので、例えばお店の新着情報をタイムライン上で手に入れるには、お店と友達登録をしなければいけませんでした。

引用:LINE Business「タイムラインの投稿をおすすめしてくれる新機能「ディスカバー」が登場!」

 

これからは…

しかし、今回登場した「ディスカバー」は、友達ではないアカウントの情報にも出会うことができるようになりました。

簡単に言えば、Instagramの「発見」機能や、TikTokの のような感じ。

各ユーザーの好み(趣味嗜好)に合わせて、オススメの人気投稿を表示し、 ユーザーに新たな情報取得機会&顧客体験を与えるものです。

 

引用:LINE Business「タイムラインの投稿をおすすめしてくれる新機能「ディスカバー」が登場!」

また、友達にならずともタイムラインへの表示が可能な「フォロー」という機能も追加されました。

引用:LINE Business「タイムラインの投稿をおすすめしてくれる新機能「ディスカバー」が登場!」

「フォロー」に関しては、フォローリストでフォロー中のコンテンツを一覧で管理できるので、見たいアカウント以外は簡単にOFFすることも可能です。

「ディスカバー」への表示を考えた投稿をしよう

LINE for Business公式サイトでは、「ディスカバー」での表示を頭においたタイムライン投稿を促しています。

タイムライン投稿時の注意として、使用する画像や動画の大きさ(サイズ比率)やテキスト領域、また被写体の写り方など、ディスカバーに採用されることを考えた投稿をするように、ガイドラインを設けていますので、チェックしましょう。

画像の場合のガイドライン

①ディスカバーに表示される画像の推奨比率は1:1.3です。

②テキスト領域が画像全体の25%を超えないようにしてください。

③アウトラインに余白がある画像やGrid編集がされた画像はディスカバーでの表示に適していないため、使用は避けてください。

④サムネイルを見て内容が分かるように、被写体が大きく写った画像を使用してください。

⑤投稿したコンテンツのテキストにハッシュタグを使用することで、ディスカバーに表示がされやすくなります。

引用:LINE Business「タイムラインの投稿をおすすめしてくれる新機能「ディスカバー」が登場!」 

動画の場合 のガイドライン

①ディスカバーで表示される動画の比率は3:4です。

②動画の長さは最大20分、容量は最大500MBまでアップロードできます。

③アップロード可能な動画の形式は、MP4, M4V, MOV, AVI, WMVです。

④投稿したコンテンツのテキストにハッシュタグを使用することで、ディスカバーに表示がされやすくなります。

引用:LINE Business「タイムラインの投稿をおすすめしてくれる新機能「ディスカバー」が登場!」 

 

投稿のポイントは?

3月31日にリリースされ、既に様々な企業の投稿が表示されるようになっているかと思いますが、私のディスカバーでは(特に高級志向ではないのですが)、某有名ハイブランドの動画投稿が目立っているなという印象です。

ディスカバー機能でが、動画はプレビュー再生されるようになっているので、静止画よりも動画の方が確実に目は引くなと思いました。

また、動画2秒目、3秒目が投稿へクリックをさせることができるかのポイントになりそうだと感じています。

 

まとめ

今までクローズドな運用として活用されることが多かったLINEですが

他のSNSと同じように、新規ユーザー向けの情報発信にも活用できるようになりましたので、

それを意識して投稿をしていけると良さそうですね!

セミナー情報

今月のSNSセミナーはオンラインにて開催予定です!

 

SNSセミナー Vol.8

今だからこそSNSでコミュニケーションを!
SNSマーケティングオンラインセミナー Vol.8
SNS広告の基礎と1ヶ月でフォロワー数が3.48倍になったTwitter広告成功事例
開催日時2020年 4月 28日 14:00〜15:30
会場ウェビナー(オンライン)

 詳しくはこちら https://inglow.jp/seminar/sns8webiner/

リモワ期間中も対応「WEBマーケティング無料相談」

また、LINE「ディスカバー」と同じくの3月末に、弊社からリリースをさせていただきました、WEBマーケティングのプロに無料で相談できる「WEBマーケのことあれこれ相談会」。

フルリモートワーク実施中ではありますが、変わらず対応させていただきます。

 

いまだからこそ力を入れられる!企業広報やマーケティング施策の見直し

外出自粛により、集客・販売促進がなかなか新しく行えない今だからこそ、企業広報やマーケティングを見直してみる絶好の機会です。

現に弊社のクライアント様でも、「今だからこそWEBサイト改修やSNS内のコンテンツ制作に時間をかけることができる」と、お電話やメールにてお問い合わせをいただいております。

外出できなくても、リモートワークでも大丈夫。

オンラインにて相談が可能になりますので、

是非、ご相談の予約をお待ちしております!!

ご予約はこちらから▷「WEBマーケのことあれこれ相談会

***

inglow inc.は、Webプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2020.05.27
意外とわからなくなる…Facebookページ名前変更等の情報編集のやり方
2020.03.24
今人気のハッシュタグがわかるサイトまとめました
2020.03.19
SNSマーケティングに役立つ検定「SNSエキスパート検定」
2020.03.13
SNSマーケティングのフレームワーク「DRESS」って?
2020.03.12
Twitterが24時間で消えるツイート「Fleet」をブラジルで試験導入