inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

SNSマーケティングに役立つ検定「SNSエキスパート検定」

カテゴリ:SNS

2020.03.19

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはマーケティングに関するあらゆる検定や資格があり、仕事で使える資格として受験されている方も多いかと思います。

その中でもWEBマーケティングに特化した資格は最近では数多く出ており、

WEB解析士や、Webアナリスト、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)、Google 広告の認定資格などを名刺に入れている方も多いかと思います。

今回はそのWEBマーケティングの中でも最近登場したメディアであるSNSに特化した検定を紹介します。

SNSエキスパート検定とは?

SNSに関する知識やノウハウを体系的に学ぶ機会を提供している「一般社団法人SNSエキスパート協会」が主催している検定の一つです。

SNSエキスパート協会主催の検定プログラムは2つ

  • SNSエキスパート検定(初級・上級)
  • SNSリスクマネジメント検定

 

SNSが普及し、もともとあった親しい間柄以外の人々と簡単に繋がることができるようになり、新たなコミュニケーションが生まれている現代ですが、

匿名であったり、複数のアカウントを作成できることを利用して、SNSでのコミュニケーションで怒るトラブルも多いのが現状です。

それは個人だけでなく、企業や団体も同じく、ユーザー一人一人が気持ちの良くSNSにてコミュニケーションを取るために、SNSについての基礎やノウハウは、一般的なネットリテラシーと共に学んでいくことが必須になってきています。

こちらの協会では、講習を実施し、受講者に検定試験を受験してもらうことでSNSの基礎の習得と、まだまだ伝わりづらいSNSマーケティングスキルを、資格保持によって判断基準の一つとして与えられます。

 

SNSエキスパート検定

SNSエキスパート検定は、企業・団体向けのSNSマーケティングの知識・方法を習得するための検定プログラムです。SNSマーケティングのスキルアップ、キャリアアップ、広告出稿プランやコンテンツ企画案の検討などの知識が身に付き、下記のような担当者におすすめの検定です。

オススメの対象者

  • 企業のマーケティング・宣伝 担当者
  • 広告代理店のデジタルマーケティング 担当者
  • 広報 担当者

初級は、120分の講習と検定試験 で 5000円程度の講習検定料です。

上級は、少しハードルが上がり、2日間の講習と検定試験で 220,000円(税込)の講習検定料です。

初級の資格を持っていると、上級は半額になるという待遇もあるので、初級から受けられることをおすすめします。

どちらも選択式のペーパーテストですが、講習の内容が大きく異なり、

上級の方がより実践的な内容になっているようです。

 

SNSリスクマネジメント検定

SNSリスクマネジメント検定は、従業員や学生のSNS活用による炎上リスクを軽減するために知っておくべき基礎知識やリスクのマネジメント方法を学ぶものです。マーケティング担当者というよりかは、人材育成・教育担当者が検討していくような、企業の研修や学生向けに設置されたコースです。

おすすめの対象者

  • 企業の人材育成・教育担当者
  • 教育機関 担当者
  • 団体、企業広報 担当者

講習は90分です。オンライン版もあり、オンラインで講習および受検が可能なため、受検を促しやすくなっています。

講習、受検料は1万円(オンラインの場合、申し込み人数によって価格変動)

 

まとめ

一言でSNSと言っても、複数メディアがあり、それぞれに特徴があり、新しい機能へアップデートされていたり、アルゴリズムが変わったりと、まだ固定化されているわけではないメディアがSNSです。この検定とったからと言って、明日からSNSマーケティングができる!というわけではないのが難しいところで、SNSエキスパート検定がないと、SNSマーケティングができないというわけでもありません。

しかし、SNSマーケティングをこれから始めるという方は、SNSの基礎、マーケティングの基礎を学ぶことができるという点では受検するのも、今後SNSマーケティングをしていく際の1つの選択肢になっていくのではないかなと思います。

   

***

inglow inc.は、Webプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2020.05.27
意外とわからなくなる…Facebookページ名前変更等の情報編集のやり方
2020.04.15
LINEタイムラインに「ディスカバー」機能が登場!ブランディング活用のポイントや注意点は?
2020.03.24
今人気のハッシュタグがわかるサイトまとめました
2020.03.13
SNSマーケティングのフレームワーク「DRESS」って?
2020.03.12
Twitterが24時間で消えるツイート「Fleet」をブラジルで試験導入