Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

SNSでモノが買われるモデル「ULSSAS」(ウルサス)

カテゴリ:SNS

2019.10.23

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、inglowの広報担当です。

本日は、ソーシャルメディア時代のマーケティングフレームワークについてお話します。

 

ソーシャルメディア時代とマーケティングフレームワーク

横文字ばっかりなので、一応簡単にご説明しておきます。

先日、ソーシャルメディアとSNSの違いについてお話しましたが

ソーシャルメディア時代というのは、

SNSだけではなく、個人発信によって作り上げられた膨大な情報社会という意味合いです。

 

そして、マーケティングフレームワークとは、

消費者が購買活動を行っていく流れのモデルのことを言いますので、

今回の場合でいくと、

あらゆるソーシャルメディアから発信される情報過多の時代で、消費者がどう行動し、購買に繋げているのかを示したモデル

ということです。

  

ULSSAS(ウルサス)とは

ULSSAS(ウルサス)は、株式会社ホットリンクさんが提唱している

ソーシャルメディア時代のマーケティングフレームワークになります。

スクリーンショット 2019-10-04 9.30.29

ULSSASのそれぞれの頭文字の意味は下記のとおりです。

U:UGC(ユーザー投稿コンテンツ)

L:Like

S:Search1(SNS検索)

S:Search2(Google/Yahoo!検索)

A:Action(購買)

S:Spread(拡散)

引用:note「SNS時代のマーケティングフレームワーク、「ULSSAS(ウルサス)」とは」

 

UGCというのは、以前のブログ「SNSマーケティングでよく聞くUGCとは?」ご紹介をさせていただきましたが、

口コミとか、SNSでの投稿など、1ユーザーによる投稿のことです。

その1つのUGCによってある商品を認知をした時、

SNS上では「いいね(Like)」をします。

そのいいねの評価が多ければ多いほど、「良い商品」だと認識されていき、

次に、他のユーザーの口コミを、「SNSで指名検索(Search1)」で探します。

その後、いざ購入をしようと購買意欲が高まったのちに、「GoogleやYahoo!などの検索エンジンにて、指名検索(Search2)」をし、

ECサイトであればサイトで、商品紹介サイトであれば実店舗で、「購入(Action)」されます。

SNSから得られた情報で、購買行動を起こすと、最初に得たUGCのように、

SNS上へ情報を発信しやすくなります。それがさらに「拡散(Spread)」されていき、このモデルがぐるぐると回るといった流れになっています。

 

まとめると

情報過多である×個人が情報を発信している

というのがこのULSSASのモデルを生み出した背景になっています。

ということは、このモデルで大切になってくるのは最初に位置している

UGCをどう生み出し、多くの人に拡散してもらうか

です。

UGC=口コミ の出やすい商品、ブランディングを戦略的に作ることができれば、一過性ではないユーザーに確保が可能になります。

ソーシャルメディア時代のマーケティングにおいては、

単なる「SNSアカウントの運用」や「広告キャンペーン施策」だけではなく、

商品やサービス自体の本質と、KGIを見失わないことが、重要になってきています。

    

はい!告知タイム!です

inglowでは、今回のブログのような

SNSに関するマーケティングや、SNSの基本を知りたい!

という方にぜひおすすめなセミナーを開催しています。

 

▼本日12:00〜名古屋・丸の内にて開催!!(参加予約は本日12時で締切です)

WEBマーケティングセミナー@名古屋  企業SNS活用編 【明日から実践出来る!企業がSNSアカウントを使いこなして発信力を高める方法】

マーケティングや広報を担当しているものの、思うように効果が出せていないという担当者さんはいませんか?リスティング広告やディスプレイ広告は行なっているものの効果に頭打ち感があり、次の一手を探している担当者さんも多いのでしょうか。本セミナーでは、マーケティング担当者が明日からできるような実践的な内容を、
SNSを利用したWeb広告と広報の2つの視点から、実例を元に伝えていきます。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 10月 23日(水) 14:00〜15:30
受付時間13:30
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

inglow inc.は、Webプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2019.11.13
2020年のTwitterは「リツート禁止」になるかも・・・!?汗
2019.11.07
Instagram MOBILE CREATIVE AWARD受賞作品から学ぶ、クリエイティブのコツ
2019.11.05
TikTokAdsの運用型広告の取り扱いを開始いたしました。
2019.10.25
Twitter懸賞キャンペーン 学生への調査結果「好感度や理解度が上がる」
2019.10.18
ソーシャルメディアとSNSの違い