Instagramの投稿を上位に表示させるためには?

カテゴリ:SNSマーケティング

公開日:2022.02.15 最終更新日:2022.03.23
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はインスタグラムの投稿をフォロワーのフィードの上位に表示させたいと思っている、SNS担当者必見の記事です。

どうしたらユーザーのフィードに自社の投稿を上位に投稿させることができるのか、

今回は2021年6月に公表されたInstagramの公式ブログをもとにフィード・ストーリーズのアルゴリズムの働きについて解説していきます。

【出典】

https://about.instagram.com/ja-jp/blog/announcements/shedding-more-light-on-how-instagram-works

https://business.instagram.com/creators/grow/algorithms-and-ranking

フィード、ストーリーズのアルゴリズムの働き

フィードとストーリーズは広告のような例外も多少ありますが、Instagramで自動的に表示されるもののほとんどは自分がフォローしている人によってシェアされたものです。

フィードとストーリーズは、フォローしているユーザーやハッシュタグの投稿が表示されるため、親しい友人や興味関心のあるコンテンツを見るために利用されています。

Instagramは、投稿とその投稿者、および利用者の好みに関するあらゆる情報をさまざまな方法で集めています。こうした情報を「シグナル」と呼び、数千個のシグナルが存在します。

投稿がシェアされた時刻や、利用者がスマートフォンとPCのどちらを利用しているか、どのくらい頻繁に動画に「いいね!」するか、といったものです。

ユーザーとのコミュニケーションを目的に使われるストーリーズは、エンゲージメントが高いほど左側に、アカウントの世界観を創り出すフィード投稿は、エンゲージメントが高いほど上部に表示されます。


フィード、ストーリーズ投稿で優先して表示させる4つのポイント

フィードとストーリーズ投稿で優先して表示されるには、4つがポイントがあります

1. 投稿に関する情報

投稿の人気度(いいね!、保存、コメント、シェア、滞在時間、プロフィールタップなどの獲得したエンゲージメント)と、

投稿に関する情報(投稿日時、動画の長さ、位置情報、投稿が関連づけられた地域などの情報)が重要なシグナルになります。

2. 投稿者(自分がフォローしている人)の情報

投稿した人へ興味関心の高さが重要で、過去数週間にその人と何回やりとり(投稿閲覧、いいね、コメント、ストーリーのスタンプ、DMなど)したかが含まれます。

3. 自分の行動の情報

良く見ている投稿や「いいね!」した投稿など気に入った投稿の数も優先されるシグナルです。どんな投稿に関心を持つ可能性があるのかを判別します。

4. 自分が他の人とやり取りした履歴情

特定の人(注目している人)の投稿へのコメントや見る頻度によって、人やコンテンツ、カテゴリーへの関心の高さを判別しています。

特定の人(注目している人)の投稿へのコメントや見る頻度によって、人やコンテンツ、カテゴリーへの関心の高さを判別しています。

中でも、企業側がフォロワーに投稿を見てもらうためには、投稿の「滞在時間」「いいね!」「コメント」「保存」「プロフィールタップ」などのエンゲージメントの獲得を意識したり、フォロワーがいる時間帯に定期的に投稿を行いましょう。

また、投稿につけられたコメントに返信し、ユーザーとのコミュニケーションを意識したり、ショッピングタグを付け、ユーザーのアクションを促したりすることもよりエンゲージメントを高めるために有効です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

​​Instagramのアルゴリズムを理解することで、シグナルを高める(獲得する)ために、どのようなコンテンツを投稿すればいいのかヒントを得ることができ、コンテンツを優先的に表示されるよう改善できます。

今回紹介したいくつかの要素を意識してInstagramを活用していくと良いでしょう。

Instagramで集客をしたい方は、以下の記事もぜひご参考ください。

【2022年更新】Instagramで集客!絶対に失敗しない運用方法






*注意!:Instagramでハッシュタグを5つ以上つけると逆効果に!?*

実は、インスタでハッシュタグをたくさん付けすぎると、「人気投稿」や「発見タブ」に載らなくなる危険があることが分かっています。

この問題の解説と、これを解決するために開発したAIを実装したインスタ運⽤⽀援サービス「3分でわかるM.AI SNS」の資料を無料配布しておりますので、ぜひご覧ください。

mihon

一覧へ戻る