TikTokでおすすめに載る方法を徹底解説!【今すぐ実践できる6つコツ】

カテゴリ:SNSマーケティング

公開日:2022.08.16 最終更新日:2024.02.09
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、企業アカウントを運用している中で、以下の悩みを持っている方に向けて書いております。

  • 「どうやったらTikTokでおすすめに載れるの?」
  • 「TikTokのおすすめに表示される仕組みや基準が分からない」
  • 「TikTokを投稿しても視聴回数が少ない」

近年、商品やサービス・企業そのものをアピールする方法として、TikTokが有効になっています。

しかし、せっかく投稿しても、視聴されないケースは少なくありません。

「なぜ、自社のコンテンツはおすすめに載らないの?」

実は、TikTokでおすすめに載るアルゴリズムは正式発表されていないものの、いくつか傾向が存在します。

つまり、おすすめに載るためのテクニックが存在したのです。

そこで、この記事では、TikTokでおすすめに載るためのコツを紹介します。

記事後半には、企業アカウントの成功事例をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

まずはおすすめに表示されるメカニズムを理解しよう

TikTokのおすすめ欄では、ユーザーの興味に合わせて、普段視聴しているジャンルと同じような系統の動画が流れてきます。

ランダムで選ばれているように見えるおすすめ欄も、実はいくつかの表示メカニズムがあるのです。

ここでは、メカニズムの代表例3つを紹介します。

1. 投稿がタイムリーである

TikTok動画では、「動画の鮮度」が求められます。

なぜなら、TikTokは他のSNSと比較しても流行が変わりやすく、流行を捉えた投稿がバズリやすい傾向があるからです。

実際、おすすめに表示される動画には、投稿されてから間もないものが多く、一部のユーザーに向けられたおすすめ表示で一定以上の評価を得られるとさらに拡散される仕組みになっています。

そのため、TikTokではタイムリーな投稿が求められるのです。

またトレンドの動画を投稿したり、流行っている音楽を使用することも推奨します。

2. 動画の評価が高い

どれだけタイムリーな動画を投稿していても、動画の質・評価が悪いとおすすめには表示されません。

TikTokの動画は、全てAIで審査・評価されています。

TikTokの規約を守っているか、コンテンツが適切かといった基礎はもちろん、さまざまなエンゲージメントを基に、動画の質が評価されているのです。

エンゲージメントの中でも特に、「いいね」やコメントの数、視聴時間などが重視され、高評価となった動画は多くのユーザーのおすすめに表示されるようになります。

3. 一定期間内の「いいね」率が高い

最近、一定期間内に高い「いいね」率を集められた動画が多くのおすすめ欄に載るというメカニズムが明らかになってきました。

動画が投稿されれば、違反がない限り100~400人のおすすめに表示されると言われています。

中でも、多くの「いいね」を集められた動画が、さらに多くのユーザーのおすすめに表示されるのです。

このメカニズムが繰り返されることによって、動画のバズりにつながります。

4.視聴者のニーズの理解

視聴者の趣味や趣向を深く理解し、それに合わせたコンテンツを作成することが不可欠です。

TikTokのアルゴリズムは、ユーザーの過去の視聴履歴や好みに基づいておすすめの動画を選定します。

そのため、あなたの動画が高いエンゲージメントを獲得していても、視聴者の興味や好みと大きく異なれば、おすすめに選ばれる可能性は低くなります。

アクティブなユーザーがどのような動画を好むのかを分析し、投稿時間帯を考慮することで、より効果的にターゲットにリーチすることができます。


またフォロワー増加を目指すにあたってTikTokのおすすめに載ることも重要ですが、TikTokで集客する方法も知りたくありませんか?

弊社では別の記事にて「TikTok集客」について詳しく解説しております。

TikTok集客について深く知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

“TikTok集客”
【2023年更新】TikTokで集客する最新マーケティング戦略!
今回の記事を読むことで、これからTikTokで集客を始める方法、YouTubeで集客を行っている場合のTikTokの効果的な活用の仕方がわかります。

企業アカウントでTikTokのおすすめを狙うコツ6選

企業アカウントは、個人の動画と異なり、商品やサービスのPRを目的とするケースが多いでしょう。

ここでは、企業アカウントに使える「TikTokのおすすめを狙うコツ」を6つ紹介します。

1. 他のおすすめ動画から傾向を掴む

まずは、おすすめに表示されている動画を分析し、人気投稿の傾向を掴みましょう。

TikTokでは、コンテンツの内容はもちろん、投稿ジャンルや使用する音楽にもトレンドがあります。

人気クリエイターと呼ばれる方達は、トレンドを掴んでいる可能性が高いため、動画を作る参考にしてみてください。

2. テーマを統一させて投稿する

企業アカウントでは、商品PRや社内の裏側、社員紹介などさまざまなテーマで投稿が可能です。

ただし、おすすめに表示されることを重視するのであれば、テーマの統一をおすすめします。

1つのテーマについて、さまざまな視点で動画を作ることで、専門性が高まり、興味を持ったユーザーが長時間視聴してくれます。

ユーザーの興味は、視聴時間や「いいね」に直結するので、テーマ選びは慎重に行いましょう。

3. 適切なハッシュタグを選定する

TikTokなどのSNSでは、ハッシュタグにもトレンドが存在します。

TikTokでは、おすすめ動画からのユーザー流入だけでなく、検索ヒットからの流入も見込めます。

投稿文にトレンドに沿ったハッシュタグを挿入することで、ユーザーの検索に引っかかる可能性が高まるでしょう。

検索から動画の再生につながるケースも多いので、ぜひ実践したいテクニックです。

ただし、いくらトレンドだからといって動画投稿に関係ないハッシュタグはおすすめできません。

ユーザーの興味からかけ離れた動画は、いくら検索で引っかかっても視聴してもらえないので、投稿内容に沿ったハッシュタグを選定しましょう。

4. おすすめに載りやすい時間に投稿する

TikTokでは、視聴するユーザーが多い時間帯がおすすめに載りやすい時間に直結しています。

TikTokでおすすめに載りやすい時間は、以下のとおりです。

  • 平日朝7時~9時
  • 平日18時~深夜
  • 土日・祝日

TikTokの主なユーザーは10~20代です。

朝の通学・通勤時間は、視聴ユーザーが増える時間帯と言えます。

また、学校や仕事が終わってから寝るまでの時間や土日もスマートフォンを見る機会が増える時間帯です。

TikTokのおすすめに表示されやすい時間帯は、企業にとって就業時間外のことが多いため、予約投稿などを活用すると良いでしょう。

5. ユーザーと積極的にコミュニケーションを取る

TikTokでおすすめに載るためには、ユーザーとの信頼関係を構築するのも一案です。

アカウント自体にファンがつくと、一定数の「いいね」を集められます。

ここで有効なテクニックが、ユーザーとの積極的なコミュニケーションです。

コメントに対して返信したり、コメントの内容を基に別の動画を投稿したりすると、ユーザーの反応が増え、おすすめに載りやすくなります。

6. インフィード広告を利用する

こちらは、特に企業アカウントに有効なテクニックです。

インフィード広告とは、通常の投稿と投稿の間に差し込まれる広告で、おすすめ欄に表示されます。

通常の動画に近い印象のまま、多くのユーザーに動画を届けられるのが特徴です。

インフィード広告を利用して、ユーザーの目を引く投稿をすることで、動画だけでなくアカウントの存在を拡散できます。

おすすめに載らない原因

TikTokでおすすめに載るためのコツを実践しても、なかなか結果につながらない方もいるでしょう。

もしかすると、おすすめに載らない原因が含まれているかもしれません。

ここでは、おすすめに載らない原因を3つ紹介します。

1. 投稿頻度が低い

おすすめに載るメカニズムでも紹介したとおり、動画がトレンドに沿っているかが重要なポイントです。

TikTokでは、投稿から時間が経過するほど、動画が埋もれてしまい、表示されにくくなります。

実際、おすすめに載っている動画で、数日前・数週間前のものはあまり見かけません。

タイムリーな話題を定期的に届けることがポイントです。

2. 投稿頻度が高すぎる

TikTokでは、投稿の数が多ければ多いほど良いわけではありません。

1日に複数回の投稿をしていると、おすすめに載りにくいことも知られています。

質の高い動画が準備できたら、一気に投稿するのではなく、1日1投稿など同じペースで投稿を続けるようにしましょう。

投稿時間を、取り入れたいターゲットに合う時間帯に固定すると、さらに効果的です。

3. コミュニティのガイドライン違反

TikTokの動画は全て、AIによって審査されています。

AIによって、ガイドラインに違反している、不適切な動画であると認識された場合は、動画が公開すらされない可能性があります。

規約に違反しやすい要素は以下のとおりです。

  • 個人を批判・攻撃するような内容
  • アダルト要素の強い内容

ガイドライン違反が続くと、シャドウバンと呼ばれる利用制限やアカウント凍結など大きな問題にも発展しかねません。

適切にアカウントを運営することも忘れてはならないポイントです。

TikTokでおすすめに載るメリット

TikTokでのバズリは、おすすめへの掲載が鍵となっていますが、おすすめに載ることが良いとされているのはなぜでしょうか。

TikTokでおすすめに載るメリットは以下のとおりです。

  • 再生回数が増え、動画がバズる
  • アカウントの認知が拡大する
  • 直接的な集客につながる

企業アカウントでは、商品・サービスの購入や、企業自体への興味につなげることが重要です。

特に、TikTokでおすすめ欄に載ると、フォロワーでない人にも動画を届けられ、アカウントや企業の認知も広がります。

Point

普段ターゲットにできていない層にもアプローチできるのも魅力です。

商品や企業に対する注目度があがると、ファンが増え、直接的な集客にもつながるでしょう。

TikTokによる集客は、企業の売上拡大に大きく影響すると言えます。

企業アカウントの成功事例3選

1. ドミノ・ピザ

参考: ドミノ・ピザ 公式TikTok

ドミノピザでは、商品紹介をテーマにピザを作る過程などを中心に投稿しています。

特に、流行りの音楽やハッシュタグをうまく動画に使用している点が成功の要因と言えるでしょう。

動画の加工方法も他にはないユニークさがあり、1つの動画だけでなく、他の動画もみたいと思わせる工夫が施されています。

2. ロート製薬

参考: ロート製薬 公式TikTok

ロート製薬では、CMやブランドページなどでは届けられない情報発信をテーマに動画を投稿しています。

市販で多くの方がすぐに手に入る製品の中でおすすめを紹介したり、その製品の使用感なども教えてくれるので、ユーザーが参考しやすい動画となっております。

ユーザーの疑問に答えるような形で動画が作られているのが特徴です。

ユーザーとの積極的なコミュニケーションが活用されている良い事例でしょう。

3. ユニクロ

参考: ユニクロ 公式TikTok

ユニクロでは、商品紹介をテーマに、コーデの紹介や検証動画を中心に投稿しています。

過去には、ハッシュタグキャンペーンの手法で、世界に認知を拡大した実績もあります。

動画を通じて、商品購入のハードルを下げている点が成功の要因と言えるでしょう。

まとめ

今回は、TikTokの動画をおすすめに載せたい方に向けて、TikTokでおすすめに載るメカニズムやテクニック、企業アカウントでの成功事例を解説しました。

TikTokは、他のSNSと比較しても、トレンドの動きが速いのが特徴です。

また、全ての動画がAIによって審査され、おすすめへの掲載などが制御されていることも分かっています。

TikTokで新たなターゲットを獲得し、自社や商品・サービスの認知度を高め、業績向上につなげましょう。

本記事で紹介した内容を踏まえ、TikTok広告の運用をお考えの方、あるいは始める前にもう少し詳しく知っておきたい方向けに「TikTok広告 若者マーケティングを 成功に導く6つのチェックリスト」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る