inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

自動車購入検討層へ配信するターゲティング広告

カテゴリ:Web広告

2020.01.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、自動車の情報に特化した、ターゲティング広告を紹介したいと思います。

 

ターゲティング広告とは?

ターゲティング広告は、あらゆるプラットフォームのデータを使用して、セグメントしたターゲットに対して、ユーザーがいつも閲覧しているWEBサイトの広告枠へ配信をするものです。

とても簡単にいえば、バナー広告ですが、WEBサイトの枠買って配信しているのではなく、ターゲティングされたユーザーに出すことができます。

  

そして、ターゲティングと言っても、商品・サービス、商圏によって、指定したいものが異なるため、基本的な情報となる「年齢」「性別」「都道府県等エリア」以外にも、「趣味嗜好」、「閲覧データから見る興味関心」など分析されたあらゆるデータを元に、セグメントをして、より効率的な配信ができるようにします。

その中でも、自動車ディーラー様の販売促進をさせるためのターゲティングを今回はご紹介します。

自動車購入検討層へのターゲティング広告

自動車業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム「IGNITION」(株式会社マイクロアド)が保有する「自動車興味関心ユーザー」データを使用して、特に自動車購買の可能性が高い層を抽出し、広告配信を行うものになります。

 

ポイントは

興味関心だけではなく、近々自動車を購入しようとしている検討度の高い人に絞って配信できる

ということです。

 

購入検討度については、自動車情報メディアの接触内容を下記のような項目で分析されて出たものになります。

購買意欲を測るためのユーザー行動

  • 情報接触間隔
  • 情報接触時間
  • 情報接触量
  • ユーザー属性(性別、年齢、趣味嗜好、ライフステージ)

 

この「購入検討度」のデータがあると、例えば次のようなセグメントが可能になります。

事例A:訴求したい自動車を購入検討しているユーザー

・競合車種が検討上位もしくはTOP1にしている人

・購買意欲は高く購買まで近い人

→購入の決め手になるようなフェアやキャンペーンを訴求

 

事例B:競合となる自動車を購入検討しているユーザー

・競合車種が検討上位を占めているが、訴求車種も検討している人

・購買意欲は少しある段階で、すぐに購入するほど意欲が高いわけではない人

→訴求したい車の良さをじっくり伝えるようなイベントやWEBサイトの認知

 

まとめ

自動車は、自動車(車種)に興味関心があるだけではなく、購入意欲が高いか低いかで、アプローチの仕方も異なってきますので、今回のようなデータプラットフォームを使用したターゲティングによって、より効果的に訴求ができます。

もしこのような業種や行動プロセスに特化したターゲティング広告を行いたいと考えていらっしゃる方は、ぜひinglowまでお問い合わせください!


inglow inc.は、Webプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2020.07.20
LINE広告を解説!
2020.07.15
Instagramのブランドコンテンツ広告とは?
2020.07.13
webマーケティングの10の手法を紹介!
2020.03.17
インターネット広告がTV超えと話題。電通が発表した「2019年 日本の広告費」
2020.03.16
LINE広告で新たなフォーマットである「動画リワード広告」を発表