【2023年最新】SEO戦略を初心者にも分かりやすく徹底解説!!

カテゴリ:SEO対策

公開日:2023.09.08 最終更新日:2023.10.13
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事は、下記のような悩みや疑問を持たれた方向けに書いています。

  • SEOに初めて取り組む方、すでに基本的な知識を持っているが更にスキルを向上させたい
  • ウェブサイトのトラフィックが伸び悩んでいる
  • 高品質なコンテンツを作成しているが、検索エンジンで十分に評価されていない

今回の記事を読むことで、2023年最新のSEO戦略がわかります。

また、弊社ではWebプロモーション成功事例集についてまとめた資料を無料で配布しています。

Webプロモーションに興味がある方は、下記ページより目を通してみてください。

現代のSEOを理解する

そもそもSEO戦略とは?

検索結果で上位に表示される可能性を高めるために、Webサイトのコンテンツをトピック別に整理し、オーガニックトラフィックを獲得する機会を最大化するために従うプロセスです。

ですが、SEOが単にキーワードをコンテンツに詰め込むだけだった時代は過ぎ去りました。今日では、ユーザーの意図を理解し、高品質なコンテンツを作成し、シームレスなユーザーエクスペリエンス(ユーザーの使いやすさ・分かりやすさ)を確保することが求められます。

1. SEOはキーワードだけではありません

キーワードはSEOにおいて不可欠な要素ですが、現代のSEO戦略はそれだけでは不十分です。ユーザーの意図を理解することが、効果的なSEO戦略を構築する上で欠かせません。この点において、ユーザーペルソナの作成が非常に有用です。ペルソナを明確にすることで、ユーザーが何を求め、どのような問題を解決しようとしているのかを把握することができます。

さらに、ユーザーの検索行動を深堀りするためには、検索クエリの背後にある「疑問」や「ニーズ」を解明することが重要です。例えば、ユーザーが「最高のスマートフォン」と検索した場合、その背後には「品質」と「性能」に対する高い期待がある可能性が高いです。このような洞察は、コンテンツ作成時に非常に役立ちます。

また、ユーザーの検索意図に合わせてコンテンツを作成する際には、関連するサブトピックや質問にも触れることも有効です。これにより、一つのコンテンツで複数の検索意図に対応することが可能になり、より多くのユーザーに対して価値を提供できます。

最後に、ユーザーの意図に対応したコンテンツを作成した後は、その効果をしっかりと測定する必要があります。Google Analyticsや各種SEOツールを活用して、ユーザーがどのようにサイトを利用しているかを分析することで、さらなる最適化の方向性を見つけ出すことができます。

2. トピッククラスターの重要性

トピッククラスター

サイト内の記事を戦略的にグルーピングして、内部リンクで関連記事同士を繋ぐことで、記事群全体のSEO評価を高める戦略のこと。

ウェブサイトのコンテンツをトピックで整理する方法は、確かに検索エンジンでの可視性を高める効果があります。しかし、この戦略の真の力は、それが「ユーザーエクスペリエンス(ユーザーが得る経験)」にも寄与する点にあります。トピックで整理されたコンテンツは、ユーザーにとっても非常に探しやすく、理解しやすいものとなります。これは、特に情報を求めているユーザーにとっては、非常に価値のある点です。

このトピックベースの整理法は、コンテンツの「関連性」を高める効果もあります。例えば、健康に関するウェブサイトであれば、「ダイエット」「運動」「栄養」など、関連するサブトピックに分けてコンテンツを提供することができます。これにより、ユーザーは一つの問題に対する多角的な解決策を一箇所で得ることができ、サイトの信頼性と権威性が高まります。

また、トピックで整理されたコンテンツは、内部リンク戦略にも有用です。関連する記事やページへの自然なリンクが容易になり、SEOにも寄与します。内部リンクは、検索エンジンがウェブサイトの各ページの関連性と価値を評価する上で重要な要素であり、適切な内部リンク戦略はサイト全体のSEOパフォーマンスを向上させます。

さらに、トピックで整理されたコンテンツは、ソーシャルメディアでのシェアにも効果的です。ユーザーが特定のトピックに興味を持っている場合、関連する他のコンテンツも自然とシェアされやすくなります。これは、ウェブサイトへの外部トラフィックを増加させる効果があり、結果として検索エンジンでのランキングにも寄与する可能性があります。

3. モバイルSEOは不可欠

モバイル検索の増加は無視できない状況であり、その影響はSEO戦略全体に及びます。特にGoogleのモバイルファーストインデックス化によって、モバイルフレンドリーなウェブサイトが検索エンジンランキングで優遇されるようになりました。しかし、モバイルフレンドリーであることの重要性は、単に検索エンジンランキングに影響を与えるだけではありません。

まず、モバイルフレンドリーなウェブサイトは、ユーザーエクスペリエンスにも大きな影響を与えます。画面が小さいモバイルデバイスでの閲覧に適したデザインやレイアウト、高速なページロード速度、簡単なナビゲーションなどが求められます。これらの要素が整っていると、ユーザーはサイトでの滞在時間を延ばし、コンバージョン率も向上する可能性があります。

次に、モバイルフレンドリーなサイトは、ローカル検索においても非常に重要です。多くのユーザーが外出先でスマートフォンを使用して、近くの店舗やサービスを検索します。このような場合、モバイルに最適化されたサイトは、ローカルビジネスにとって大きく有利となるでしょう。

さらに、モバイル最適化は、SNSマーケティングにも影響を与えます。多くのSNSユーザーがスマートフォンを使用しているため、シェアされたコンテンツがモバイルフレンドリーでないと、その効果は大きく減少する可能性があります。

また、SEO対策の効果が出るまでには時間がかかります。下記は目安となるグラフです。

  • 新規ウェブサイト・・・約1年が必要
  • 既存ウェブサイト・・・約3〜6ヶ月が必要
  • ある程度SEO対策をしてきたウェブサイト・・・早くて1ヶ月で効果が出る場合もある

また、SEO戦略以外にも、Web集客の方法は様々あります。

詳しく解説している記事もあるので、Web集客についてもっと深く知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

WEB 集客
【2023年更新】Web集客の方法と種類を無料・有料別に紹介!
Web集客をして、実際に売上を伸ばすための最適な方法をご紹介します。

効果的なSEOコンテンツ戦略を作成する

1. トピックから始める

キーワードにばかり目を向けるのではなく、まずはビジネスに直結したテーマや話題を考えましょう。例えば、健康食品を販売しているなら、「健康的な生活」や「オーガニック食品のメリット」などが関連トピックになります。このようなテーマを明確にすることで、より効果的なSEO戦略が立てられます。

次に、SEOツールを使って、選んだテーマに関連するキーワードを見つけ出します。このときに役立つツールには、「Google Keyword Planner」や「SEMrush」などがあります。これらのツールでキーワードの検索ボリュームや競合状況をチェックすることができます。

この情報を元に、どのキーワードでコンテンツを作成するか決定します。こうすることで、ただ単にキーワードを並べるのではなく、ビジネスに密接に関連した有益なコンテンツを提供することができます。結果として、検索エンジンだけでなく、実際のユーザーにも価値を提供することができるのです。

2.ロングテールキーワードに深く掘り下げる

ロングテールキーワード

特定のユーザークエリに対応した具体的なキーワードは、サイトへのターゲットトラフィックを増加させる上で非常に重要であること。例えば、単に「スニーカー」ではなく「走りやすいレディーススニーカー」のような具体的なキーワードです。これにより、ユーザーが求めている特定の情報や商品に直接つながる可能性が高くなります。

このようなロングテールキーワードは、競合が少なく、コンバージョン率が高い傾向にあります。なぜなら、ユーザーが具体的なキーワードで検索する場合、そのニーズは明確であり、購入や問い合わせに至る確率が高いからです。

また、これらの具体的なキーワードを用いてコンテンツを作成することで、SEOの観点からも有利です。Googleなどの検索エンジンは、ユーザーの問い合わせに最も適した答えを提供することを目指しているため、具体的なキーワードを効果的に使用したコンテンツは高く評価されやすいのです。

総じて、特定のユーザークエリに対応した具体的なキーワードは、サイトのトラフィックを質的にも量的にも向上させる強力なツールとなるでしょう。

3. ピラーページを作成する

ピラーページ

Webサイト内の複数コンテンツをトピック別にまとめた「柱」となるWebページのことです。ピラーページは、まとめページとも言われます。

ピラーページは、そのトピックに関する全体的なガイドや概要を提供する役割を果たします。例えば、「健康的な食生活」が主なトピックであれば、そのピラーページでは「健康的な食生活の基本」や「なぜ健康的な食生活が重要なのか」など、広範な視点からそのトピックを解説します。

このような構造は、SEOにも有利です。ピラーページが高品質であれば、それにリンクされるサブトピックのページも検索エンジンで評価されやすくなります。また、ユーザーにとっても、関連する情報が一箇所にまとまっているため、使いやすく、理解しやすいコンテンツ体験が提供されます。

このように、特定のトピックに対する包括的なページは、コンテンツ戦略において中心的な役割を果たし、サイト全体の構造と質を高める重要な要素となります。

4. 一貫したブログ更新

定期的なブログの更新はSEOにおいて多くのメリットをもたらします。まず、新しいコンテンツを頻繁に提供することで、検索エンジンがあなたのサイトを「活発で更新されている」と評価し、ランキングが向上する可能性が高まります。Googleなどの検索エンジンは新鮮な情報を好むため、定期的な更新はその点で非常に有利です。

さらに、ブログを通じて特定の領域で深い知識や洞察を提供することで、その分野におけるあなたの権威性も高まります。これは「ドメインオーソリティ」とも呼ばれ、高い権威性を持つサイトからのバックリンクが増えることで、さらにSEOパフォーマンスが向上するという好循環を生むことがあります。

また、定期的なブログ更新は、読者や顧客とのエンゲージメントを高める効果もあります。彼らがあなたのサイトを頻繁に訪れる理由を提供することで、ブランドロイヤルティを築く基盤を作ることができます。

5. リンクビルディング

リンクビルディング

信頼性のあるソースからの内部リンクはSEOにおいて非常に重要な要素です。サイトの信頼性と権威性を高める手段として広く認知されています。例えば、Wikipediaや政府の公式サイト、大手ニュースメディアからのリンクは、検索エンジンにとって非常に価値のある信号とされます。

このような高品質な内部リンクがあると、Googleなどの検索エンジンはあなたのサイトを「信頼できる」と評価し、それが結果としてランキング向上につながります。また、信頼性のあるソースからのリンクは、ユーザーに対してもあなたのサイトが信頼できる情報を提供しているという印象を与えます。

さらに、内部リンクはサイト内の他の関連コンテンツへの道を作ることで、ユーザー体験を向上させる効果もあります。ユーザーが容易に関連情報にアクセスできるようにすることで、サイト内での滞在時間が延び、それがまたSEOに良い影響を与える可能性があります。

6. メディアファイルを最適化する

メディアファイルの圧縮はウェブサイトの読み込み速度に大きな影響を与えます。特に画像や動画などの大きなファイルは、ページの読み込み速度を遅くする主な要因の一つです。Googleなどの検索エンジンは、読み込み速度をサイトのランキングに影響する要素として考慮しています。そのため、ファイルを圧縮して読み込み速度を向上させることは、SEOにも有利です。

圧縮にはいくつかの方法があります。画像に関しては、PNGやJPEG形式に変換することでファイルサイズを削減できます。また、専用の画像圧縮ツールを使用することで、品質を維持しながらさらにサイズを小さくすることが可能です。

動画ファイルについても、ビットレートを下げる、フレームレートを調整するなどして、ファイルサイズを削減できます。ただし、あまりにも品質を落としすぎると、ユーザー体験に悪影響を与える可能性があるため、バランスを取る必要があります。

7.最新情報を保つ

SEOは常に進化しており、昨日有効だった戦略が今日も同様に有効であるとは限りません。検索エンジンのアルゴリズムは頻繁に更新されるため、最新のトレンドと手法に敏感であることが求められます。

例えば、前述のようにモバイル検索の増加に伴い、モバイルフレンドリーなウェブサイトが重要になっています。また、音声検索やAIの進化によって、自然言語処理がより高度になり、検索クエリも変化しています。

このような変化に対応するためには、定期的にSEOの専門家や信頼性のある情報源から最新の情報を得ることが重要です。オンラインのSEO関連のフォーラム、ブログ、または専門のセミナーなどで学び、自分自身の知識とスキルを更新していく必要があります。

また、新しいトレンドに対応するための戦略を立てる際には、その影響を定量的に測定することも重要です。これにより、どの戦略が効果的であるのかを明確にし、必要な調整を素早く行うことができます。

8.成功を測定する

ツールと分析はコンテンツのパフォーマンスを評価し、最適化する上で非常に有用です。「Google Analytics」や「SEMrush」「Ahrefs」などのSEOツールは、サイトのトラフィック、ユーザー行動、キーワードランキングなど多くの重要なデータを提供します。

これらのデータを活用することで、どのコンテンツが高いエンゲージメントを得ているのか、どのページが最も多くのトラフィックを引きつけているのかを把握することができます。また、どのキーワードがうまくパフォーマンスを発揮しているか、逆にどのキーワードが改善が必要なのかも明確になります。

さらに、分析ツールを用いることで、ユーザーがサイト内でどのような行動を取っているのかを理解することができます。例えば、ユーザーが特定のページでどれだけの時間を過ごしているか、どのページから離脱しているかなどの情報は、コンテンツの改善点を見つけ出す上で非常に役立ちます。

このような分析に基づいて、コンテンツ戦略を継続的に調整することが重要です。何がうまくいっているのかを強化し、改善が必要な点に対しては新たな戦略を試すことで、全体的なサイトのパフォーマンスを高めることができます。総じて、ツールと分析は、コンテンツの成功を科学的に追求する不可欠な要素です。

参考: ~25 SEO Strategies for More Organic Traffic – Neil Patel~

まとめ

効果的なSEO戦略を作成するには、対象とするオーディエンスを深く理解し、絶えず学び、変わりゆく検索の風景に適応する必要があります。ユーザーの意図、トピッククラスター、一貫したコンテンツ作成に焦点を当てることで、サイトへの有機トラフィックを増加させ、ビジネスの目標を達成することができます。

以上が2023年最新のSEO対策となります。この情報があなたのビジネスに役立つことを心から願っています。ぜひ日々の広告運用にお役立てください。

弊社では広告の成功事例についてまとめた無料の資料集もご用意しております。

下記お申込みフォームから、ぜひお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。






弊社inglowでは、これから広告の運用を考えられている方、あるいはこれから広告代理店に運用をお願いされる方向けに、「業界別Web広告の成功事例」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る