Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

GoogleのSEOアルゴリズムの変化の歴史

カテゴリ:SEO対策, Webプロモーション, コラム, マーケティング

2019.08.30

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティングを行う上では必須の施策であるSEO対策。
検索順位を決めるアルゴリズムは基本的にはブラックボックス化されていますが、上位表示されるサイトの特徴を帰納的に分析して、SEO対策に効果があるであろう施策の議論はこれまでに数多くされてきました。

しかし、そんなWebマーケターの努力の末ようやく上位表示されたサイトやページも検索エンジンのアルゴリズムのアップデートによって、無慈悲にも検索圏外に飛ばされてしまうことも多々あります。 そこで、今回はGoogle検索エンジンの近年のアップデートの歴史をご紹介します。

パンダアップデート

低品質なコンテンツの評価を下げることを目的としたアップデートです。

コピペで作られたページや、自動生成されたコンテンツなど、ユーザーにとって存在意義のないサイトは評価をされなくなりました。

いわゆるコンテンツ重視のSEO対策はここから始まりました。

ペンギンアップデート

不自然な被リンクやキーワードの詰め込みをペナルティとするアップデートです。

それまでは、被リンクが多い=他者から評価されている証、として被リンクの量がSEO対策に有効とされていました。

そのため、大量の被リンクを業者から購入したり、ペラサイトを生成してそこにリンクを貼る自作自演の被リンクが横行しました。

そのようなGoogleの意図とは異なる被リンク集めをしたサイトの評価を下げるためのアップデートがペンギンアップデートです。

モバイルフレンドリーアップデート

スマートフォンの普及によって、モバイル端末でストレスなく閲覧出来るWebサイトの評価が高くなりました。

レスポシブデザインやAMPなどの導入が増えたのも、このモバイルフレンドリーアップデートの影響です。

まとめ

Googleの創設者であるラリー・ペイジは「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである。」と発言したことがあります。

Googleのアルゴリズムの変化は、まさにこの言葉に沿った変化であり、ユーザーファーストなコンテンツが評価されるように日々進化しています。

SEO対策を行う上でも、Googleの考え方を念頭に置き、アルゴリズムを逆手にとったブラックハットなSEO対策ではなく、ホワイトでユーザーファーストなコンテンツ作りがますます重要性をましていくことでしょう。

*最新セミナー情報*

9月上旬に2種類セミナー実施予定です!

【SATORI×inglow共催】第9回名古屋マーケティングオートメーションセミナー〜今日から始めるリードジェネレーション×リードナーチャリング〜

見込客の行動を可視化し、追いかけ、パーソナライズされた個別施策を実行できるマーケティングオートメーションは、企業の販促活動にマストな存在となってきました。またそれに伴い同様にポピュラーな形態となったインサイドセールスの組成。

本セミナーでは、営業マンが製品やサービスの販売を行うBtoB企業を対象に、BIツールを活用しリード獲得〜リード育成までを実践的に行う術をお伝えします。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 9月 3日 14:00〜15:30
受付時間13:30〜
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

  

WEBマーケティングセミナー@名古屋  企業SNS活用編 【明日から実践出来る!企業がSNSアカウントを使いこなして発信力を高める方法】

マーケティングや広報を担当しているものの、思うように効果が出せていないという担当者さんはいませんか?リスティング広告やディスプレイ広告は行なっているものの効果に頭打ち感があり、次の一手を探している担当者さんも多いのでしょうか。本セミナーでは、マーケティング担当者が明日からできるような実践的な内容を、
SNSを利用したWeb広告と広報の2つの視点から、実例を元に伝えていきます。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 9月 10日 14:00〜15:30
受付時間13:30
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

  


inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計する。更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入る。またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

Related Blog
関連記事

2019.09.12
Googleが新たなリンク属性のsponsoredとugcを発表!
2019.08.06
企業ブログを毎日更新するメリット
2019.08.01
WEBプロモーションに必要な用語を覚えなきゃいけない人のための備忘録 Part4
2019.07.17
AMPについて。Googleが奨励する手法。
2019.06.21
SEOに重要?サイテーションとは。