【リードマグネットとは?】見込み顧客を惹きつける効果的なリードマグネットの作り方を解説!

カテゴリ:集客

公開日:2023.09.13 最終更新日:2023.09.12
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事は、下記のような悩みを持たれた方向けに書いています。

  • ビジネスでの見込み客獲得が難しい
  • メールマーケティングの効果が出ない
  • 高品質なコンテンツを作っても反応が薄い

この記事では、リードマグネットの効果的な要素や作り方などについて解説します。

また、弊社ではWebプロモーション成功事例集をまとめた限定資料を無料で配布しています。

Webマーケティングに興味がある方は、下記ページより目を通してみてください。

リードマグネットとは何か?

リードマグネットとは

リードマグネットとは、直訳すると見込み客(Lead)を引き寄せる磁石(Magnet)という意味です。

リードマグネットは、見込み客を引き付け、彼らのメールアドレスや電話番号などの連絡先情報を取得するための無料の価値あるコンテンツやサービスを指します。

営業するにはまず、顧客の電話番号やメールアドレスが必要ですよね。

このリードマグネットは、顧客がほしい情報など、自社が無料で提供できるものを、顧客の個人情報と交換するような形をとり、顧客情報を入手することができます。

さらにリードマグネットで、自社のコンテンツを個人情報と引き換えにダウンロードした人は、自社の情報をほしいと思うからダウンロードしているので、初めて電話をかける企業よりも質の良い見込み顧客が多いでしょう。

これは、ビジネスが潜在的な顧客との関係を築くための最初のステップとして非常に効果的です。

参考: ~リードマグネットの作り方|見込み顧客の獲得方法をわかりやすく解説 ~

リードマグネットが必要な理由とは

なぜリードマグネットが必要なのか。3つの理由を解説していきます。

顧客の課題解決

リードマグネットはターゲットとなる顧客の悩みや問題を解決するものであるべきです。

これにより、見込み客が自らの意志で情報を求めにくるので、業務の効率化が図れます。

購買プロセスへの導入

リードマグネットが見込み顧客を購買プロセスの次のステップに導く役割も果たすと指摘しています。

これは、見込み客がビジネスやサービスに興味を持っているかどうかを判断するための方法としても有用です。

メールリストの質を高める

リードマグネットはメールリストの質を高める効果があると述べています。

具体的には、価値のあるコンテンツを提供することで、高品質なリードを獲得できるという点が挙げられています。



またリードマグネットの手法で見込み顧客を集めることも1つの手段ですが、弊社ではWebで集客する方法も別の記事にて詳しく解説しています。

Web集客について深く知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

web集客
【2023年更新】Web集客の方法と種類を無料・有料別に紹介!
今回の記事を読むことで、Web集客をして、実際に売上を伸ばすための最適な方法をご紹介します。

リードマグネットの種類

リードマグネットは、見込み客の情報を獲得するためのコンテンツとして提供されるもので、その種類は多岐にわたります。

以下は、主なリードマグネットの種類とその特徴についての説明です。

ホワイトペーパー

特定のトピックに関する独自のデータや見解をまとめたレポートです。

BtoBマーケティング領域で特に効果的です。

動画コンテンツ

ビデオ講座やオンラインWebセミナー(ウェビナー)などです。

セミナーなどは、その時にしか開催されないという焦燥感を煽り、参加率が高くなるケースもあります。

調査データやレポート

自社オリジナルの調査データをまとめたレポートなどです。

BtoB企業では、データを参考に営業活動をするので、こういったレポートなどの情報は求めている人が多いでしょう。

チェックリスト

特定のタスクやプロジェクトを進める際の手順や注意点をリスト化したものです。

あるプロジェクトを始めようとしているが、何から手をつけたらいいのかわからないといった人へ向けて配布するのに適しています。

E-book

電子書籍形式で提供されるコンテンツです。

詳細な情報やガイドラインを提供するのに適しています。

テンプレート

例えば、自社の事業や業務で使っているようなメルマガやLPなどのテンプレートです。

1から自分で作成するより無料ダウンロードの方が早いと求める方が多いでしょう。

参考: ~リードマグネットとは|必要とされる理由や具体例を紹介~

リードマグネットの効果的な要素・基準

リードマグネットの効果的な要素

具体的な価値の提供

リードマグネットは、具体的な価値を提供するものでなければなりません。

これは、ユーザーが求めている情報や解決策を明確に示すことで、彼らの関心を引き付けることができます。

ターゲットオーディエンスの理解

あなたのターゲットオーディエンスのニーズや関心を正確に理解することで、彼らに適したリードマグネットを作成することができます。

アクセスの容易さ

リードマグネットは、ユーザーが簡単にアクセスできる形式で提供することが重要です。

これには、ダウンロードリンクの提供や、簡単な登録プロセスなどにすることが必要です。

高品質のコンテンツ

リードマグネットの内容は、高品質であり、ユーザーの期待を超えるものでなければなりません。

良いリードマグネットの基準

短いが有益な内容

ユーザーは長いコンテンツを読む時間がないかもしれません。

そのため、短く、しかし有益な情報を提供することが重要です。

魅力的なデザイン

リードマグネットのデザインは、ユーザーの注意を引き付けるものでなければなりません。

これには、魅力的な画像やグラフィックスにすることが必要です。

継続的な更新

市場や業界のトレンドは常に変わっています。

そのため、リードマグネットも定期的に更新することで、常に最新の情報を提供することができます。



これらの要素と基準を考慮に入れることで、効果的なリードマグネットを作成することができます。

参考: ~リードマグネットの作り方|見込み顧客の獲得方法をわかりやすく解説 ~

リードマグネットの作り方

1.ターゲット顧客を特定する

リードマグネットを活用して獲得したい見込み顧客の属性を明確にしましょう。

すべての見込み顧客に対応する一つのリードマグネットを作るのは現実的ではありません。

したがって、商材ごとや成約までの距離感に応じて、複数のリードマグネットを用意することが重要です。

2.顧客の声を収集する

ターゲットとする顧客層のニーズを把握するために、現在の顧客からのフィードバックを集めます。

これがリードマグネットの内容作成に役立ちます。

もし、顧客の声が得られない場合は、競合企業のリードマグネットやマーケティングペルソナを参考にしても良いでしょう。

3.コンテンツを設計する

顧客の声を基に、リードマグネットの内容を決定します。

この際、以下の3つの条件を満たすように心掛けましょう。

  • 顧客の問題に対する解決策が明確であること
  • インターネット検索だけでは手に入らない価値のある情報であること
  • 自社の専門性を証明できる内容であること

4.フォーマットを選ぶ

リードマグネットの形式も重要です。作成しやすさと内容に適した形式を選びましょう。

例えば、手法や比較表にはPDFが適している場合が多いですが、業界の最新情報や専門家の意見にはウェブセミナーが適しているかもしれません。

5.制作に取り掛かる

リードマグネットの骨格ができたら、具体的な制作に移ります。

タイトル、構成、内容、そしてデザインに注意を払いながら進めましょう。

特にタイトルと表紙デザインは、見込み顧客が最初に目にする部分なので、こだわりが必要です。

6.LPを作成

最後に、顧客がメールアドレスなどを入力するオプトインページを設定します。

このページは通常、リードマグネットのタイトル、概要、入力フォームで構成されます。

専門的な知識が必要な場合もありますが、多くのCMSには簡単にページを作成できる機能が備わっています。



以上が、効果的なリードマグネットを作成するための6つのステップです。

これらを参考に、自社のビジネスに合ったリードマグネットを作成し、見込み顧客を確実に獲得していきましょう。

参考: ~リードマグネットとは|種類、作り方、効果を最大化するポイントを紹介~

まとめ

今回のブログでは、リードマグネットの効果的な要素や作り方について解説しました。

リードマグネットは、ビジネスにおいて見込み客を効率的に獲得するための強力な手段です。

その作成には戦略的な思考と計画が必要ですが、成功すれば多くのリターンが期待できます。

この記事で紹介した手法を活用して、ぜひ効果的なリードマグネットを作成してみてください。



弊社では広告の成功事例についてまとめた無料の資料集もご用意しております。

下記お申込みフォームから、ぜひお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。






弊社inglowでは、これから広告の運用を考えられている方、あるいはこれから広告代理店に運用をお願いされる方向けに、「業界別Web広告の成功事例」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る