inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

SEOを強化する4つのポイント

カテゴリ:Webマーケティング, デジタルマーケティング

2019.05.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、WEBでのブランディング競争が激化しており、SEO対策の重要性が増してきています。
そこで今回は、SEO対策に重要な4つの要素をご紹介します。

検索エンジンのクローラーの巡回頻度を増やす

サイトの評価を上げるためには、まずクローラーに自社サイトに訪れてもらう頻度を増やす必要があります。そのためにしっかりと施策を行いましょう。

・更新頻度を上げる
→ネタ不足、リソース不足に甘えず来るだけ毎日行いましょう。継続は力なりです。

・サイトマップを送信する
→ざっくり言うと検索エンジンに自社サイトの目次を送ることです。人間と同じでロボットも目次があると巡回の効率が上がります。

内部リンクの最適化

次に既存のページを有効活用することに注力します。オーガニック検索で流入が多いページからキラーページへの導線を強化することで、サイトの回遊率およびコンバージョン率を高める効果があります。

被リンクとサイテーションを意識する

外部のサイトに自社のリンクが貼られたり、自社のサービスが言及されること(サイテーション)はSEOに非常に効果があります。
他のサイトに取り上げられるというのは、それだけ権威性を示すことにもなるのです。
出来るだけ、他サイトに取り上げられたりSNSで拡散されるよなコンテンツ作りを目指しましょう。

コンテンツ作りに注力する

どの時代も変わらないSEOの基準はEAT (専門性、権威性、信頼性)です。小手先のテクニックに頼らず、常にユーザーファーストなコンテンツ提供こそが検索エンジンの目指す姿です。
妥協せずに優良なコンテンツを作ることこそが、SEO対策の近道となるのです。



▼次回5/17セミナー予約締切間近!

【SATORI×inglow共催】第6回名古屋マーケティングオートメーションセミナー〜インサイドセールス×マーケティングオートメーション最強実践術〜

inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計する。更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入る。またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。


Related Blog
関連記事

2020.07.02
競合に差をつける!LPデザインの知っておきたい表現のコツ7選
2020.06.25
成果が上がるLP構成のコツ!購買&問合わせ王道テンプレート解説
2020.06.21
Webマーケティング業界で「最低限」必須ツールについて解説!
2020.06.19
Webマーケティングの効果的な勉強法(本や教材で本質は学べません)
2020.06.19
Webマーケティングの基礎から実践まで徹底解説(業務内容やツールも紹介)