Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

天気予報を活用した広告配信:気象連動型広告

カテゴリ:Web広告, デジタルマーケティング, 時事ネタ

2018.10.25

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の保持するデータが様々な広告配信に活用されるニュースが増えています。

本日は地図情報で有名なマピオンが蓄積する行動情報を元に新たなマーケティングサービスを提供開始する、というニュースの紹介です。

https://iotnews.jp/archives/109836?fbclid=IwAR1poJkBJJS1dG6RZj9v1J-sGTP-WCjOAZ0CMpMWv3aNHmymJ6_3j5l96EY

出典:IoTNEWS「マピオン、リアルな位置・行動・周辺環境情報活用し、企業のデジタルマーケティングを支援するサービスを提供開始」

提供サービスは広告配信に活用できるマピオン蓄積のDMPが1つ。もう注目すべきもう1つは「環境データマート」といい、気象や交通状況等のエリアごとに常に変化する情報や、人口統計を活用して広告配信ができるもの。ここ最近は気象情報を活用した広告サービス事例が増えてきています。

グループ会社である凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」と連携し、環境連動広告を配信することも可能になるという(11月上旬にサービス開始予定)。

衣服や旅行業界だけに限らず天気の良し悪しが業績に与える影響は多大ですよね。これらを活用することで例えば雨の日はポイント2倍のWebバナーを、暑い日にはビールのキャンペーンバナーを配信、なんていうことが可能。今後も事例が増えていくであろう気象連動型広告。注目です。

 

inglowはマーケティングオートメーションやWeb運用広告、Webプロモーションなどを通じて、顧客のデジタル販促を支援する、名古屋本社のWeb会社です。お問い合わせはこちらから。

Related Blog
関連記事

2020.02.13
広告費増は「ネット・デジタル」が牽引。2020年の日本と世界の広告費予測
2020.02.04
プレママや子育て世帯にアプローチできるWEB広告
2020.01.28
SNS広告を利用してWebマーケティングを加速させる。
2020.01.27
自動車購入検討層へ配信するターゲティング広告
2020.01.09
配信面を最適化して、LINE広告(LAP)の費用対効果を上げる。