Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

【Google広告】自分がどんなターゲティングをされているかを知る方法

カテゴリ:Web広告, コラム, デジタルマーケティング, プラットフォーム

2019.09.06

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段インターネットを利用していて、「なんでこんなに自分にピッタリの広告が出てくるの?」と疑問に感じたことはありませんか?

Google広告はユーザーのWebサイトの閲覧履歴などから1人1人の興味関心に合わせて広告の表示をしているため、ユーザーにとっては興味がある広告がしっかりと出てくるという仕組みになっています。

そこで気になるのは、「自分はGoogleからどんなことに興味があると思われているのか?」ということ。

実は、とても簡単に調べる方法があるんです。

Google広告設定にアクセス

まずは、普段ご利用のGoogleアカウントで、Google広告設定(https://adssettings.google.com/authenticated)にアクセス。

広告のカスタマイズはオンになっています。と表示されている方は、過去のWeb上での閲覧履歴から、興味に合わせた関連性の高い広告が表示されているはずです。

Googleでの検索履歴や、YouTubeの視聴履歴、GooglePlayの検索やダウンロード履歴の情報から、私たちの興味を分析して、最適な広告を配信してくれます。

広告のカスタマイズをオフに出来ますが、広告が表示されなくなる訳ではなく、その時見ているWebサイト、時間帯、現在地といった情報を元に広告の表示がされます。

詳細なターゲティング

実際に私の仕事用のGoogleアカウントで、どんなターゲティングがされているか見てみました。

見事に自分が仕事上で興味のあるカテゴリばかりでした。
唯一、アメリカンフットボールだけは何故興味があると思われたのかが謎ですが・・・

自分でカスタマイズすることも可能

もし興味がないカテゴリがあれば、個別でそのカテゴリだけオフにすることも可能です。

気になる項目をクリックすると、次のような詳細画面に飛びますので、右下の「オフにする」を選択すれば、自分の興味から外すことが出来ます。

これで、自分に不要な広告が出てくる心配もなくなります。

*最新セミナー情報*

  

WEBマーケティングセミナー@名古屋  企業SNS活用編 【明日から実践出来る!企業がSNSアカウントを使いこなして発信力を高める方法】

マーケティングや広報を担当しているものの、思うように効果が出せていないという担当者さんはいませんか?リスティング広告やディスプレイ広告は行なっているものの効果に頭打ち感があり、次の一手を探している担当者さんも多いのでしょうか。本セミナーでは、マーケティング担当者が明日からできるような実践的な内容を、
SNSを利用したWeb広告と広報の2つの視点から、実例を元に伝えていきます。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 9月 10日 14:00〜15:30
受付時間13:30
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

Related Blog
関連記事

2019.08.29
「動画生活者®統合調査 2019」からみる、動画広告
2019.08.23
今更聞けないけど意外と理解できてないかも?WEB広告の基礎知識
2019.08.22
Googleタグマネージャで、サイトのスクロール量を計測する方法。
2019.08.19
AMPページ制作時に進行担当が気をつけるべき3つの事
2019.08.08
【Google広告】広告の内容を一括編集する方法