inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

マーケター注目!!顧客データ活用法

カテゴリ:HRテック, Webマーケティング, Web広告, チャットボット, デジタルマーケティング

2018.12.25

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代は、データの時代と呼ばれるほどデータがあふれています。

また、これまで企業はデータの活用を考えずマーケティング活動をしてきたため、企業内に蓄えられたデータ量も多いと予想されます。

しかし、そのデータをどのように活用すればいいのかについては、なかなか情報を見つけることができないです。

そこで今回は、そのデータをどのようにマーケターは活用すればいいのかについて書いていきます。

引用;Marketing Land「3 ways customer data drives more impactful brand experiences

オンライン店舗とオフライン店舗のデータ活用

最近は、店舗を構える企業でもオンラインショッピングができるような店舗が多くなってきました。

そして、オンラインショップで台頭してきた大手は、リアルの店舗を構えるような動きもしています。

その中で、大手以外の企業はどのように立ち向かえばいいのか。

そこにデータの使い方が大きく関わっています。

では、どうすればいいのか。

それは、オフラインとオンラインのデータをそれぞれ分析するのではなく、統一して分析することです。

オンラインとオフラインでは顧客の行動が全く異なると思うでしょう。しかし、同じ商品を扱っているなら本当に知るべきは、顧客が何を欲しがっているのか、そしてそのニーズをどこでいつ、どうやって満たしてあげるのかです。それを全体的に見るためには、データを分ける必要はないのです。

最後に

現在の市場は、すべてのものや人が紐付けされています。

情報が錯綜している中で、見るべき方向を失う可能性もあります。

その中で優位性を保ちたいのであれば、私たちは「何が顧客にとってデメリットを与えているのか」を見つけ、顧客がより充実した経験ができるように革新することを忘れないことです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

*毎月先着5組様限定!Webマーケティングの無料個別相談会*

株式会社inglowでは、WEBマーケティングにおいて課題を抱える企業担当者様向けに、WEBマーケティングのプロに相談できる無料の個別相談会を開催しております。

日々多くの方からご相談を頂くので、お客様一人一人への対応の質を維持するために人数制限を設けさせて頂きました。

▼「Webマーケのことあれこれ相談会」の詳細はこちら!

Webマーケティング無料相談会の詳細及び申し込みフォーム

Related Blog
関連記事

2020.05.29
”採用”と”マーケティング”
2019.12.10
人材業界のマーケティングオートメーション活用例
2019.11.26
採用とマーケティングオートメーション
2019.10.10
名古屋MAセミナー第10回記念〜Tech×Tech×Tech〜開催しました!
2019.08.16
効果的なタレントプールを構築する方法