Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

Web広告の機械学習を促進させるマイクロコンバージョン

カテゴリ:BtoB, Web広告, デジタルマーケティング

2019.09.26

このエントリーをはてなブックマークに追加

Web広告を出す際には、同時に目標であるコンバージョンの設定をするケースがほとんどです。

コンバージョンを何に設定するのかは業種や取り扱いサービスによって異なりますが、一般的にはサイト訪問者の最終的なアクションである「問合せの完了」や「商品の購入」、「資料のダウンロード」が選ばれることが多いかと思います。

また、Web広告では、このコンバージョンに至ったユーザーがどんな属性をもつのかを分析して機械学習を行うことで、より広告の効果を上げることができます。

この機械学習を進めていくには、一定数のコンバージョン件数が必要なのですが、商品が高額である場合や、BtoB向けのサービスである場合、参考となるコンバージョンを集めるのに時間がかかるケースがあります。

このように、コンバージョンのデータを集めるのに時間がかかる場合でも、Web広告の機械学習を促進させたい時に利用したいのがマイクロコンバージョンです。

マイクロコンバージョンとは

マイクロコンバージョンとは、最終的に計測したいコンバージョンの一つ前のアクションを仮のコンバージョンとして設定することです。

例えば、商品の購入をコンバージョンとして計測する場合で考えてみます。

サイトの構成が「Topページ」→「商品ページ」→「購入選択」→「入力フォーム」→「サンクスページ」となっていれば、通常のコンバージョン設定では、情報入力完了後のサンクスページの閲覧をコンバージョンとするのが一般的ですが、マイクロコンバージョンは、購入直前の情報の入力フォームの閲覧をコンバージョンとして設定します。

そうすることで、サンクスページの閲覧のみをコンバージョンとして設定している場合より、コンバージョンのデータが集まりやすく、機械学習のスピードを促進させることが可能となります。

気をつけるべきこと

マイクロコンバージョンはあくまで、本来の目的である「購入完了」などの最終アクションのコンバージョンを増やすために設定するものです。

そのため、ただ計測できるデータを増やすのではなく、最終的なコンバージョンに至るユーザーがとるであろう行動の仮説を立ててマイクロコンバージョンを設定する必要があります。

inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計します。

更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入っていきます。

またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2019.10.01
リスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」に0円で使えるFREEプランが登場しました!
2019.09.04
inglow.inc第1期最後の名古屋MAセミナー開催しました!
2019.09.03
3C分析とは?マーケティングのフレームワークその②
2019.07.19
第8回 名古屋マーケティングオートメーションセミナー開催しました!
2019.07.12
リード獲得の手法、ホワイトペーパーとは?