インタラクティブコンテンツのメリット・デメリットとは?種類や事例など具体的に徹底解説!

カテゴリ:Webマーケティング

公開日:2023.08.23 最終更新日:2023.10.16
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事は、下記のような悩みを持たれた方向けに書いています。

  • インタラクティブコンテンツって何?
  • インタラクティブコンテンツの具体的なメリットとは?
  • インタラクティブコンテンツのデメリットや注意点は?

この記事では、インタラクティブコンテンツのメリット・デメリットについて解説します。

また、弊社ではWebプロモーション成功事例集をまとめた限定資料を無料で配布しています。

Webマーケティングに興味がある方は、下記ページより目を通してみてください。

インタラクティブコンテンツとは何か

インタラクティブコンテンツとは?

インタラクティブコンテンツは、ユーザーの欲しい情報と企業が提供したい情報をつなぐ「双方向」コミュニケーション型Webコンテンツです。

これは、ユーザーがアクティブに参加し、コンテンツとの対話を楽しむことができるものを指します。通常の静的なコンテンツとは異なり、インタラクティブコンテンツはユーザーの参加を必要とし、それによってユーザーの経験が向上します。

インタラクティブコンテンツは、ユーザーの興味やニーズに応じて情報を提供することができるため、CVR(コンバージョン率)の向上やユーザーのエンゲージメントの増加に寄与します。

出典:いま注目のインタラクティブコンテンツとは!?

例えば、クイズやゲームを使用すると、ユーザーは何度もコンテンツを楽しむことができ、その結果、サイトのPV数や認知度が向上する可能性があります。

しかし、インタラクティブコンテンツの制作にはコストがかかる場合があります。

そのため、効果的なインタラクティブコンテンツを制作するためには、ユーザーのニーズや目的を正確に理解し、それに応じて最適なコンテンツを提供することが重要です。

インタラクティブの特徴は?

インタラクティブコンテンツは、近年の通信速度の向上や消費者の価値観の多様化に伴い、注目を集めています。

通常の静的なコンテンツとは異なり、インタラクティブコンテンツはユーザーとの双方向のコミュニケーションを可能にし、ユーザーの参加を促す特徴があります。

双方向のコミュニケーション

インタラクティブコンテンツはユーザーとの双方向のコミュニケーションを実現します。これにより、ユーザーはコンテンツにアクティブに参加し、より深い理解や興味を持つことができます。

CVR向上

インタラクティブコンテンツは、ユーザーが商品やサービスに興味を持った際に、直接商品販売ページへの移行を促すことができます。これにより、CVR(コンバージョン率)の向上が期待できます。

ユーザーエンゲージメントの増加

インタラクティブコンテンツは、ゲームやクイズなどの形式で提供されることが多く、ユーザーが何度もコンテンツを楽しむことができます。これにより、サイトのPV数やユーザーのエンゲージメントが向上します。

高い記憶残存率

インタラクティブコンテンツは、ユーザーの記憶に残りやすいとされています。これは、ユーザーがアクティブにコンテンツに参加することで、情報の理解や記憶が深まるためです。

コストの問題

インタラクティブコンテンツの制作には、通常の静的なコンテンツよりも高いコストがかかる場合があります。しかし、その効果は非常に大きいとされています。

参考: ~インタラクティブコンテンツとは?知っておくべきポイントをわかりやすく解説~

インタラクティブコンテンツの種類と具体例

インタラクティブコンテンツの種類

インタラクティブコンテンツは、ユーザーの参加を促すコンテンツの一形態で、以下のような種類があります。

計算機(見積もり/ROI計算)

ユーザーが具体的な数値を入力し、それに基づいて結果を得ることができるツールです。例えば、商品の価格やサービスのROIを計算するためのツールなどが挙げられます。

クイズ(診断/テスト)

ユーザーが質問に答え、その結果に基づいてフィードバックや情報を受け取ることができます。ブランドの認知度向上やユーザーの興味・趣味を知るためのツールとしても使用されます。

EBOOK(電子書籍/ホワイトペーパー)

ユーザーが情報を深く探求するためのリソースです。特定のトピックやテーマに関する詳細な情報を提供するためのツールとなっています。

インフォグラフィック(グラフ)

複雑な情報やデータを視覚的に伝えるためのツールです。ユーザーが情報を簡単に理解できるようにデザインされています。


これらのインタラクティブコンテンツは、ユーザーのエンゲージメントを向上させ、ブランドとの関係を深化させるための強力なツールとして使用されています。

特に、インタラクティブコンテンツはユーザーの興味やニーズに応じて情報を提供することができるため、マーケティングの効果を最大化することができます。

参考: ~いま注目のインタラクティブコンテンツとは!?~

インタラクティブコンテンツの活用事例

ユーキャン:閲覧者のニーズに合わせた講座紹介

ユーキャンのWebサイトは、訪問者に合った通信教育講座を提案するため、インタラクティブな分岐機能を駆使しています。

具体的には、「ぴったり講座診断」というセクションで、キャリアカウンセラーが出す質問にユーザーが回答することで、その人の性格や希望に基づいた最適な講座を紹介しています。

出典:インタラクティブコンテンツとは何?制作のポイントや事例も解説

INVOY(OLTA):チャットボットによる24時間サポート

INVOY(OLTA)は、365日24時間のサポートを提供するためにチャットボットを導入しています。このチャットボットは、ビジネスの機会を最大限に活用するだけでなく、サイトのコンバージョン率を向上させる効果があります。さらに、業務の効率を上げ、コストを削減する助けともなっています。

このチャットボットは、ビジネスの機会を最大限に活用するだけでなく、サイトのコンバージョン率を向上させる効果があります。さらに、業務の効率を上げ、コストを削減する助けともなっています。

出典:インタラクティブコンテンツとは何?制作のポイントや事例も解説

インタラクティブコンテンツのメリット・デメリットとは

インタラクティブコンテンツのメリット

インタラクティブコンテンツは、マーケティング戦略において多くの利点を持っています。

ユーザーのニーズの理解

インタラクティブコンテンツを通じて、ユーザーが何を求めているのかを具体的に把握することができます。ユーザーの行動や反応は、マーケティングのための貴重なデータとして活用可能です。

データ分析の効果的活用

インタラクティブコンテンツから得られるデータを分析することで、見込み顧客のニーズに合わせたコンテンツ戦略を練ることができます。

ユーザーとの積極的なコミュニケーション

通常の問い合わせフォームとは異なり、インタラクティブコンテンツはユーザーに楽しみながら情報を提供してもらうことができます。これにより、ユーザーが自らアクションを取ることが増え、より深い関与を促進します。

コンバージョンの向上

ユーザーが求める情報を的確に提供することで、サイトのコンバージョン率を高めることが期待できます。


インタラクティブコンテンツを適切に活用することで、ユーザーとの関係を深化させ、マーケティングの効果を最大化することができるでしょう。

参考: ~インタラクティブコンテンツの事例を解説!主な種類や活用する目的は?インタラクティブコンテンツのメリット・デメリットを紹介~

インタラクティブコンテンツのデメリット

インタラクティブコンテンツは、ユーザーとのエンゲージメントを高めるための強力なツールとして知られていますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。

高い制作コスト

インタラクティブコンテンツは、通常の静的なコンテンツよりも高度な技術やデザインが必要とされるため、制作にかかるコストが高くなることがあります。

技術的な制約

インタラクティブコンテンツの制作や運用には、特定の技術やツールが必要となる場合があります。これにより、一部の企業や組織では導入が難しくなることが考えられます。

継続的な更新の必要性

インタラクティブコンテンツは、ユーザーの反応や行動に応じて内容を更新する必要があるため、継続的なメンテナンスや管理が求められます。

ユーザーの期待値の上昇

インタラクティブコンテンツを提供することで、ユーザーの期待値が上昇する可能性があります。これにより、次回のコンテンツ制作時に更なるクオリティの向上が求められることが考えられます。


これらのデメリットを考慮しつつ、インタラクティブコンテンツの利点を最大限に活用することで、効果的なマーケティング戦略を構築することができるでしょう。

参考: ~なぜインタラクティブコンテンツは注目度が高いのか?その理由や具体的な種類について解説~

またインタラクティブコンテンツ以外にも、集客する方法は他にもあります。

webで集客する方法を別の記事にまとめております。詳しく解説しているので、web集客について深く知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

web集客
【2023年更新】Web集客の方法と種類を無料・有料別に紹介!
今回の記事を読むことで、Web集客をして、実際に売上を伸ばすための最適な方法をご紹介します。

まとめ

今回のブログでは、インタラクティブコンテンツのメリット・デメリットについて解説しました。

インタラクティブコンテンツは、ユーザーエンゲージメントの向上やマーケティング効果の最大化など、多くのメリットを持っています。

しかし、制作コストや継続的な更新の必要性など、デメリットも無視できない点があります。

これらの点を踏まえ、効果的にインタラクティブコンテンツを活用することが求められます。

弊社では広告の成功事例についてまとめた無料の資料集もご用意しております。

下記お申込みフォームから、ぜひお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。






弊社inglowでは、これから広告の運用を考えられている方、あるいはこれから広告代理店に運用をお願いされる方向けに、「業界別Web広告の成功事例」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る