inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

Googleのキーワード検索のテクニック

カテゴリ:コラム

2020.03.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事やプライベートで検索エンジンを利用して調べ物をするという行為が今や当たり前になってきています。

しかし、インターネット上に情報が溢れすぎて、欲しい情報がなかなか手に入らないこともあります。

そこで、今回は検索エンジンの代表Googleを利用した検索のテクニックをご紹介します。

完全一致検索

検索キーワードをダブルクォーテーション「””」で囲うことで、そのキーワードに完全に一致しているキーワードのみを検索することができます。

類似した言葉が多い場合に、特定のキーワードのみの検索結果を表示させたい場合に利用すると便利です。

例えば「株式会社イングロー」と通常検索すると、弊社の公式サイトが検索結果に表示されますが、完全一致検索を利用して「”株式会社イングロー”」と調べると、弊社の公式サイトには「株式会社イングロー」という文字列は表記されていないため、検索結果には出てきません。

OR検索

キーワードとキーワードの間に「OR」を挟むことで、複数のキーワードを含むサイトを同時に調べることが可能です。

属性の似た二つのキーワードのどちらか一つ、またはどちらも含むサイトを表示させたい場合に利用すると便利です。

例えば「Web広告 Google OR Yahoo」と検索すると、Web広告に関するサイトの中でもGoogleとYahooに関するサイトを同時に表示させることが可能です。

NOT検索

キーワードの直前にマイナス「−」を置くことで、そのキーワードを除外した情報を表示させることが出来ます。

いらない情報が明確になっている場合、このNOT検索が便利です。

例えば「Web広告 − Google」と検索すると、Googleに関する情報を除いたWeb広告のサイトが表示されます。

まとめ

日々、Googleの検索アルゴリズムは進化しており、ユーザーにとって便利になってきています。

加えて、検索のスキルを身につけることで、得られる情報の質が上がります。


inglow inc.は、Webプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2020.03.23
ビジネスのフレームワークMECEとは。
2020.03.18
中国版GAFA?巨大4企業BATHとは。
2020.03.04
Webの進化とトレンド
2020.03.02
GAFAの社名の由来まとめ
2020.02.07
マーケティングや目標達成、ストーリー考案でも使える!?マンダラチャートとは