Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

ネット広告からターゲティングが消える!?

カテゴリ:Facebook広告, Webプロモーション, Web広告, デジタルマーケティング, 時事ネタ

2019.03.25

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はこんなセンセーショナルな話題をあげたいと思います。

Facebookが広告のターゲティングを一部機能制限するとの発表がありました。

参照:3/21付日経新聞「ターゲット広告、岐路 フェイスブックが機能制限 」より

受け手にとっては関心のある情報のみが取得でき、広告主にとっては広告効率の最適化が計れ、今やなくてはならなくなったターゲティング広告ですが、これにより差別的な広告が横行するのではとの指摘が、今回の機能制限発表の要因との事。

具体的には、求人、住宅売買、信用貸し(ローン)の3分野において、性別、人種、居住地などによりターゲティングを制限するとの事。これまでは住宅広告において低所得者層が多い地域には広告配信しない事や、その一方で消費者ローンの広告は前述のターゲットに配信したり、はたまた、求人広告を性別でセグメントして配信する事なども可能でありました。このあたりが広告差別に繋がる事が懸念された模様です。

今回のFacebook発表に連なって、他のネット広告にも波及する可能性があり、広告主にとっては動向が気になるところです。ネット広告の独占については、先日約1900億の制裁金が確定したばかりのGoogleですが、同社のGoogle広告でもこの手のターゲティングが制限されてしまったら、web広告やwebプロモーション業界にも本当に由々しき問題になりますね。

ちなみに本題からそれますが、Facebookは約20億人のユーザー属性データとサードパーティとなる第三者経由の連携サービスからの情報を掛け合わせて、膨大なビックデータ解析を行い、5万以上の要素でユーザーを分類しています。この圧倒的な分析母数と要素定義の数だけを聞いても圧倒されますよね。

そしてこのビックデータ分析を生かすとユーザーが「いいね!」を68回押すと、性的指向や支持政党が8割以上の精度で特定できる、なんていう研究成果もあるみたいです。

うーん、こう聞くとたしかに怖い、、、。

 

<名古屋マーケティングオートメーションセミナー毎月開催中>

inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計する。更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入る。またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

株式会社inglow
事業ドメイン マーケティングオートメーション導入・伴走サポート
Webプロモーションの戦略立案・実行
メール(お問い合わせ) info@inglow.jp
電話番号 052-218-2660
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル7F

Related Blog
関連記事

2019.07.11
広告プラットフォームに関する調査、やはりGoogleが総合トップ[デジタルインファクト調べ]
2019.04.25
ウェブ広告の総合力はGoogleが1位、Facebookが2位[デジタルインファクト調べ]
2019.04.02
チャットボット×広告「fanp」のZEALSが約3億5000万円の資金調達!