TikTokでフォロワーを増やす方法4選!注意すべきことや成功事例から学ぼう

カテゴリ:SNSマーケティング

公開日:2022.09.20 最終更新日:2024.02.09
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、以下のような悩みを持つ方に向けて、記事を書いています。

  • 「どんなTikTok動画を投稿すればフォロワー数が増えるの?」
  • 「TikTokのフォロワーが増えない原因が分からない」
  • 「TikTokの動画再生数とフォロワー数が比例しない」

もともとZ世代と呼ばれる10~20代を中心に普及していたTikTokですが、近年幅広い年代の方が利用するようになりました。

それに伴って、企業アカウントなども増えTikTokを利用した集客が増えてきています。

フォロワー数が増えると集客につながることは言うまでもありません。

この記事では、TikTokでのフォロワーを増やす方法について紹介します。

あわせて、フォロワーを増やすために注意すべきことや、視聴者がフォローしてくれる基準も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

TikTokでフォロワーを増やす方法4選

TikTokは、「フォロー」をしなくても、自分が見たいと思うような動画が次々と流れてくるのが特徴です。

そのため、TikTokでフォロワーを増やすためには、ユーザーにフォローしてもらいたいと感じてもらわなければなりません。

ここでは、実践すべきTikTokのフォロワーを増やす方法について紹介します。

また別の記事にて、TikTokで集客する方法をまとめております。

詳しく解説しているので、TikTok集客について深く知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

“TikTok集客”
【2023年更新】TikTokで集客する最新マーケティング戦略!
今回の記事を読むことで、これからTikTokで集客を始める方法、YouTubeで集客を行っている場合のTikTokの効果的な活用の仕方がわかります。

1. フォロワーのターゲット層を明確にする

TikTokを含め、デジタル媒体でのファン(=フォロワー)を増やすには、どのようなユーザーに動画を届けたいかを明確にすることが重要です。

なぜなら、TikTokでフォローをしてもらうには、「ユーザーにとって必要な動画」だと思わせなければならないからです。

どれだけ質の高い動画を作成していても、誰に向けられた動画か分からなければ、「自分ごと」化してもらえず、フォローにはつながりません。

より多くの方から共感を得たいと誰にでも当てはまるような内容を発信するより、性別・年代・どのような生活を送っているか・性格など細かくターゲットを絞る方がフォロワーは増えやすいです。

ターゲットを絞ってTikTok運用することで、フォロワーの増加やコンバージョン率上昇が見込めるでしょう。

2. TikTokのアルゴリズムに沿って投稿する

TikTokのアルゴリズムとは、動画が拡散されるまでの仕組みです。

TikTokの動画は、独自のアルゴリズムによって管理・判定されているため、それにのっとって投稿することもフォロワーを増やす近道です。

TikTokのアルゴリズム上で良い動画であると判定されると、より多くのユーザーに動画が届いたり、検索機能での上位に組み込まれたりと大きなメリットが得られるでしょう。

3. 動画をおすすめに表示させる

TikTokのフォロワーを増やす上でかなり重要になるのが「動画の拡散」です。

動画の拡散に最も有効な手段は、おすすめへの表示と言えるでしょう。

おすすめに表示される期間・回数が増えることで、今まで動画コンテンツを見ていなかった人にも視聴してもらえる機会が増えます。

動画をおすすめに表示させるためには、以下のようないくつかのコツが存在します 。

  • 毎日投稿する
  • テーマを統一させて投稿する
  • トレンドのBGMやハッシュタグを選定する
  • おすすめに載りやすい時間に投稿する

より詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

TikTokでおすすめに載る方法とは?今すぐ実践できる6つコツを解説!
この記事では、TikTokでおすすめに載るためのコツを紹介しています。

4. 動画を分割する

TikTokのフォロワーを増やすには、1つの動画を2本以上に分割することも有効な手段です。

1つの動画で知りたい情報が完結してしまうと、ユーザーは流れてきた動画を見るだけで満足してしまいます。

しかし、動画を分割し続きを見たいと思わせられれば、プロフィールページに飛んでもらえ、フォローへのハードルも低くなるでしょう。

また、続きを楽しみに、直接フォローへつながるというメリットもあります。

5. 他のSNSからフォロワーを誘導する

企業アカウントの場合、TikTok以外にも別のSNSアカウントを持っていることが少なくありません。

それぞれにフォロワーを分散しておくよりも、複数のアカウントをフォローしてもらい、関連する情報が目に触れる機会を増やす方が、高い集客につながります。

TikTokのURLをTwitterやInstagramで公開し、新規フォロワー獲得を目指しましょう。

TikTokのフォロワーを増やすことが集客につながる理由

TikTokは、フォローをしていない人にも動画が流れるシステムとなっており、
他のSNSよりフォロワーを増やす意味が薄れると考える方も多くいるでしょう。

しかし、フォロワー増加は、TikTok集客の上でとても重要です。

ここでは、TikTokのフォロワーを増やすことが集客につながる理由を2つ紹介します。

投稿動画を多くの人に見てもらえる

TikTokでフォロワーが増えると、視聴回数の平均があがります。

これは、TikTokのおすすめ欄以外に、フォローしている人のみの動画が流れる機能がついていることが要因です。

また、通知をオンにしているフォロワーには、最新情報やライブ配信の開始があったときにプッシュ通知されるようになっています。

このように、受動的な視聴だけでなく、能動的な視聴が見込めるのです。

実際、動画の再生回数が増えれば、より多くのユーザーのおすすめ欄に載れることも分かっています。

多くの方にコンテンツやアカウントを知ってもらうことで、その先の集客につながるでしょう。

収益につながりやすい

TikTokでフォロワーを集めると、アカウント自体に高い影響力を持たせられます。

影響力が高い方のすすめるサービスなどが、他の方がすすめるものよりも売れやすいのは当然です。

そのため、企業アカウントに影響力がつけば会社の売り上げにも貢献できるでしょう。

また、TikTokでは自社への集客だけでなくアプリ単体での収益化も見込めます。

企業アカウントが使用できるTikTokの主な収益化方法は「投げ銭」です。

ライブ配信をおこない、視聴者からギフティングを受け取れます。

ライブ配信を活用し、フォロワーと近い距離でコミュニケーションをとることができれば、アカウントのファンが増えるだけでなく直接的な収益にもつながるでしょう。

TikTokの視聴者がフォローする基準

TikTok運用を行っている方の中に、「再生回数はとれるけど、フォロワーが増えない」と悩む方もいるのではないでしょうか。

実は、TikTok運用において、再生されることとフォローしてもらえることには違いがあります。

ここでは、TikTokの視聴者がフォローする基準についてお話します。

他の動画もみたいと思う

TikTokでは、流れてきた動画以外のものもみたいと思わせることがフォロワー獲得に重要です。

1つの動画で情報が完結し、満足してしまうとその先の誘導につながりません。

続きを見たくさせるためにできる動画投稿の工夫は以下のとおりです。

  • 動画を前後半で分割する
  • 複数の動画で1つのストーリーを完結させる
  • カウントダウン方式で動画を投稿する
  • 毎日の成長・進捗を追う動画を作る

動画に小さな工夫を入れることで、フォローへの壁が下がるでしょう。

定期的に更新されている

TikTokでフォローをしてもらうには、定期的な更新も大切です。

更新頻度が低く、たまにしか更新されないようでは、動画やアカウントへの関心が薄まります。

わざわざフォローしてまで見る必要がないと思う方もいるでしょう。

TikTok運用初心者の方は、動画の質にこだわりすぎて投稿頻度が低くなりがちですが、TikTokでは運用のスタートダッシュで動画の数を増やすことも重要です。

はじめのうちは、動画の質よりも、発信するペースを気にして運用することをおすすめします。

独自性がある

TikTokの動画を目にとめてもらうには、ユーザーを引き付ける独自性が必要です。

企業アカウントの場合、自社のサービスや商品を紹介する動画がメインになるでしょう。

しかし、商品を単に紹介するだけでは面白みに欠け、ユーザーに「見たい」と思ってもらえません。

はじめのうちは、アカウントの中でどのようなコンテンツがユーザーに響いているのか分からないことも多いでしょう。

他のバズっている投稿などを参考にまずは、様々なパターンの動画を投稿してください。

そこから再生数が多いものや視聴時間が長いものを分析し、独自性を作り上げていくと運用がスムーズに進むでしょう。

この時、TikTokを楽しむことを忘れないでくださいね。

TikTokでフォロワーを増やすために注意すべきこと

TikTok運用をしている方は、手軽にフォロワーを増やしたいと考えるものです。

しかし、手っ取り早くフォロワーを増やす方法にはリスクも存在します。

ここからは、TikTokでフォロワーを増やすために注意すべきことを2つ紹介します。

ガイドラインを遵守する

TikTokの動画投稿をする上で、ガイドラインの遵守は最も重要です。

アルゴリズムの中で、ガイドラインに違反していると判定されると、動画が公開されない可能性があります。

ガイドラインでは、以下の内容の投稿を禁止しています。

  • 暴力的で過激な内容
  • アダルト要素の強い内容
  • プライバシーを侵害する内容
  • なりすまし

参考: TikTok コミュニティガイドライン

ガイドライン違反が続くと、アカウントを使用できなくなることもあるので、ご注意ください。

フォロワー購入にはリスクがある

TikTokに限らず、SNSではフォロワーの購入が横行しています。

しかし、視聴回数に伴わないフォロワー数の増加などは、TikTokのアルゴリズムによって暴かれます。

実際に、TikTokの運営側で、視聴者数・いいね数・フォロワー数・シェア数・コメントなどを作為的に増やすことは禁じられています。

簡単にフォロワーを増やせるからといって、安易に手を出さないようにしましょう。

TikTokでフォロワーを増やすー成功事例3つー

TikTokは、企業アカウントでも多くの成功事例があります。

ここでは、TikTokでフォロワーを増やす方法を活用して成功している3社の事例を紹介します。

1. ほっともっと

https://www.tiktok.com/@hottomotto_com

参考: ほっともっと(公式) TikTok

全国に持ち帰り弁当店を展開する「ほっともっと」はTikTok運用で多くのフォロワーを集めた事例の1つです。

一貫してお弁当を盛り付ける動画にBGMやエフェクトをつけた投稿が人気を呼んでいます。

ターゲットを若年層に絞り、ボリュームのあるお弁当をメインに紹介しているのもフォロワーを獲得できた秘訣と言えるでしょう 。

2. アトム法律事務所

https://www.tiktok.com/@takeshibengo

参考: 岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】TikTok

アトム法律事務所のTikTokでは、岡野タケシ弁護士が様々な事件について取り上げる動画で多くのフォロワーを集めています。

毎日投稿や、視聴者に意見をコメントで求めるなどコミュニケーションの活発さが人気の要因と言えるでしょう。

3. 学窓ちゃんねる

https://www.tiktok.com/@gm_mynavi

参考: 学窓ちゃんねる TikTok

学窓ちゃんねるは、(株)マイナビは運営しているアカウントです。

マイナビを多く利用する大学生をターゲットに自己分析のやり方や企業の紹介などを行っています。

企業の方のインタビューなど普段見れないものを見れる独自性や、他の会社も知りたくなるという心理をついたアカウントと言えるでしょう。

まとめ

TikTokでフォロワーを集めるには、いくつかの方法があります。ターゲットを明確にした上で、アルゴリズムに沿っておすすめに載りやすい動画を投稿したり、他SNSから新規ユーザーを誘導したりすることがコツです。

本記事の内容を参考にTikTok運用を行うことで、TikTokのフォロワーを増やし、集客につなげることができるでしょう。

ただし、フォロワーを増やしたいからと言って、フォロワーの購入や過激な投稿をするのは危険なので注意してください。

本記事で紹介した内容を踏まえ、TikTokの運用をお考えの方、あるいは始める前にもう少し詳しく知っておきたい方向けに「TikTok企業アカウントスタートガイド」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る