Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

Googleタグマネージャで、サイトのスクロール量を計測する方法。

カテゴリ:BIツール, Web広告, デジタルマーケティング

2019.08.22

このエントリーをはてなブックマークに追加

「LPを作ったものの、全然問合せがない・・・」
「そもそもちゃんと最後までLPを見てもらえているのだろうか?」
と考えたことはないでしょうか。

スクロール量の計測ができれば、ランディングページの改善点が可視化できるため、改善施策も打ち出しやすくなります。

そこで今回はGoogleのタグマネージャとGoogleアナリティクを利用して、サイトのスクロール量を計測する方法をご紹介します。

組み込み変数を追加する

デフォルトの状態ではスクロール量を指定する組み込み変数は選択出来ないため、まずは組み込み変数の設定から、スクロールに関連する変数を追加します。

タグマネージャの管理画面の左メニューから「変数」>「設定」で「組み込み変数の設定」の画面を開きます。

「スクロール」のメニューには3つの変数が用意されていますが、スクロールの量を測るためには「Scroll Depth Threshold」を利用します。
チェックボックスをクリックすれば、変数として利用できるようになります。

トリガーを作成する

「トリガー」>「新規」>「トリガーの設定」から「トリガーのタイプを選択」の画面を開きます。
そして、「ユーザーエンゲージメント」の欄から、「スクロール距離」を選択します。

すると、トリガーの設定を行えるので、縦方向スクロール距離にチェックをつけ、トリガーの発生場所にLPのURLを入力します。
スクロール距離は割合とピクセル数から選択できるので測定がしやすい方にチェックをします。

例えば、申し込みフォームがLPを90%スクロールした位置にあるのであれば、割合を90%に選択します。

Googleアナリティクスのイベント用タグを作成する

タグの設定から、グーグルアナリティクスのユニバーサルアナリティクスを選択し、イベントを作成します。

作成方法は以下の通りです。
カテゴリ・・・任意の名前を入力。分かりやすく「スクロール量」などが良いでしょう。
アクション・・・任意の名前を入力。LPが最後まで読まれているか確認したい場合は「LP読了」などが適しています。
ラベル・・・先ほど追加した変数の「{{Scroll Depth Threshold}}」と入力。これで、トリガーで設定したスクロール量がGoogleアナリティクスのイベントのラベル欄に自動で入力されるようになります。

発火確認とアナリティクスでの確認を忘れずに。

すべての設定を完了したら、タグマネージャのプレヴューモードでの発火確認と、Googleアナリティクスの「行動」>「イベント」にしっかりと反映されているか確認。

上記が確認出来たら、最後に「公開」を忘れずにしたら設定完了です。

活用の方法

すべての設定が完了したあとは、Googleアナリティクスのイベント画面から、LPを最後まで読んだ人の数が測定できるようになります。

もし、ページビュー数に比べて、LPの読了数があまりに少ないようであれば、広告のターゲティングや、LPのデザインを改善する必要があるでしょう。

また、今回は90%のスクロールを例を紹介しましたが、同じ方法で25%、50%など計測したい場所をいくつでも設定出来ます。

いくつかのポイントを設定しておくことで、LPのどこでユーザーが離脱しているかが計測できるので、より細かいLPの改善施策ができるでしょう。

*最新セミナー情報*

9月上旬に2種類セミナー実施予定です!

 

【SATORI×inglow共催】第9回名古屋マーケティングオートメーションセミナー〜今日から始めるリードジェネレーション×リードナーチャリング〜

見込客の行動を可視化し、追いかけ、パーソナライズされた個別施策を実行できるマーケティングオートメーションは、企業の販促活動にマストな存在となってきました。またそれに伴い同様にポピュラーな形態となったインサイドセールスの組成。

本セミナーでは、営業マンが製品やサービスの販売を行うBtoB企業を対象に、BIツールを活用しリード獲得〜リード育成までを実践的に行う術をお伝えします。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 9月 3日 14:00〜15:30
受付時間13:30〜
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

 

WEBマーケティングセミナー@名古屋  企業SNS活用編 【明日から実践出来る!企業がSNSアカウントを使いこなして発信力を高める方法】

マーケティングや広報を担当しているものの、思うように効果が出せていないという担当者さんはいませんか?リスティング広告やディスプレイ広告は行なっているものの効果に頭打ち感があり、次の一手を探している担当者さんも多いのでしょうか。本セミナーでは、マーケティング担当者が明日からできるような実践的な内容を、
SNSを利用したWeb広告と広報の2つの視点から、実例を元に伝えていきます。

*Web会社様や同業者様のご参加はご遠慮願います。

開催日時2019年 9月 10日 14:00〜15:30
受付時間13:30
会場カラーブロック オフィス&カフェ7F ワーキングカフェ

  


inglow inc.はWebプロモーションとマーケティングオートメーションを2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーション。クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計する。更にそこへの誘導導線も築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズに入る。またマーケティングオートメーション領域では導入支援はもちろん、導入後、広告施策と合わせたキャンペーン設計までWebプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行います。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

Related Blog
関連記事

2019.10.01
リスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」に0円で使えるFREEプランが登場しました!
2019.09.10
マーケティングテクノロジーカオスマップ2019JAPAN発表。掲載数は昨年の約1.9倍に。
2019.09.04
inglow.inc第1期最後の名古屋MAセミナー開催しました!
2019.07.19
第8回 名古屋マーケティングオートメーションセミナー開催しました!
2019.07.10
「スマリス」が顧客満足度No.1を獲得!