2022年6月から課されるCookie規制、その影響と対策を解説

カテゴリ:Webマーケティング

公開日:2022.05.11 最終更新日:2022.05.11
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はデジタルマーケティングを担当されている方に向けて書いております。

今回の内容は、下記になります。

  • Cookie規制による影響
  • Cookie規制時代に求められる戦略

今回の記事を読むことで、2022年最新の動向と対策を把握することができます!

是非最後までご覧ください。







*折込チラシからWeb広告に移行したい企業に最適!コスパ抜群の集客手法*

弊社inglowの代表である小里が、AIを活用した戦略やデジタルマーケティング支援の経験を踏まえ、折込チラシからWeb広告に移行したい企業に最適な動画広告について解説しています。お求めの方は下記リンクから動画をご覧頂ければと思います。






Cookie規制による影響

Cookieの基本情報を解説する前編もぜひご覧ください。

2022年6月から課されるCookie規制とは?一から解説!
この記事はデジタルマーケティングを担当されている方に向けて書いております。 今回の内容は、「Cookieとはどのようなものか、そしてなぜ重要なのか」、「今後はどのような動向が見られるのか」という2部分です。基本の概念から今後の動向まで把握することができます!ぜひ最後までご覧ください!

Cookie規制による影響を一言でいうと、

「サードパーティーCookie(3rd party Cookie)の利用ができなくなる」

つまり、「個人」に絞ったターゲティング広告が難しくなる時代に突入するのです。

具体的に、どのような影響があるのかを以下2つの側面から説明します。


リターゲティング広告が制限される

サードパーティーCookie(3rd Party Cookie)を活用した代表的なWeb広告がリターゲティング広告です。

リターゲティング広告とは、一度サイトに来訪したユーザーに広告配信をする追跡型の広告のことです。

サードパーティーCookieが使用できなくなってしまうと、リターゲティング広告の利用が不可能になるため、リターゲティング広告に力を入れている企業はマーケティングに大きく影響するでしょう。


コンバージョン数を把握しにくくなる

サイト訪問者が商品の購入や資料の請求など、サイトにとって有益なアクションを起こしてくれた状態をコンバージョンといいます。

Cookieの使用が規制されると、最初の訪問から数日間経ってからのコンバージョンはCookie情報の一部が消失する可能性があるため、

各広告媒体社および、広告の効果計測ツールが正確なコンバージョン数を把握しにくくなります。


規制以降の対策は?

1.自社サイトの強化と充実

自社サイトの構成やコンテンツを強化し、サードパーティーCookieへの依存度を軽減する体制を整えることが重要といえるでしょう。

自社サイトを充実させることによってサイトの価値を高め、ファンを増やすことは、同時にデータを蓄積する機会を増やすことにつながります。

そして、そのデータを最大活用していくことが、サードパーティーCookieに頼らない独自のマーケティング手法へと育っていくはずです。


2. カスタマージャーニーを見直す

カスタマージャーニーとは、ユーザーの商品・サービス購入までの過程を可視化したものを指します。

ターゲティング広告の規制により「個人」に焦点をあてた広告が難しくなるため、カスタマージャーニーの見直しが重要になってきます。

つまり、ユーザーにWebサイトがクリックされる度に、訪問者が誰で、どのような行動を取り、何を望んでいるのかをできるだけ解像度を上げて把握し、そのニーズに応えなければなりません。


3.LPに流入したユーザーの転換効率(CVR)を向上させる

広告のターゲティング精度が下がる今後は、LPに流入したユーザーの転換効率(CVR)を向上させる取り組みが非常に重要になります。

例えば、自社サイトを訪問した顧客と一対一でやり取りが可能なWebチャットツールを導入することで、顧客の疑問に迅速に対応ができ、購買検討を後押しすることが考えられます。


4.従来のマーケティングを強化する

Cookieが使えなくなるのであれば、「従来のマーケティング手法を強化すればよい」という考え方もあります。

例えば、

・テレビ広告、雑誌広告などを増やす

・リピーターを増やす取り組みをする

・顧客のロイヤリティを高めるマーケティング・キャンペーンを実施する

・クッキーを使わない、単純なインターネット広告を増やす

またインターネット・マーケティングは、単純なインターネット広告以外にも、検索エンジン最適化(SEO)、SNSの活用などがあります。特にSEOを意識したコンテンツマーケティングについては、ユーザーの課題に沿った最適な設計を行うことによって、広告費をかけずに集客をすることが可能ですので、注力する価値は高いといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事はデジタルマーケティングを担当する際に見逃せないCookieについて、

  • 課される規制の影響
  • その影響に対した戦略

という両方から解説しました。

Cookie規制についてお困りの方に、少しでもお役に立てると幸いです。








弊社inglowでは、これから広告の運用を考えられている方、あるいはこれから広告代理店に運用をお願いされる方向けに、「業界別Web広告の成功事例」をまとめた資料を無料配布しております。

下記のフォームに入力いただくだけで、無料で資料をダウンロードしていただけます。ぜひご利用下さい。

mihon

一覧へ戻る