Blog

inglow's Blog
inglow ブログ

SWOT分析って何?

カテゴリ:マーケ用語

2019.12.13

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の定量分析・定性分析の話に引き続き、今日は定性分析の中の、SWOT分析について理解を深めようと思います。

SWOT分析とは

SWOT分析とは、自社の商品・サービスの、資産やブランド、価格や品質など、内部環境を強み・弱みから分析する分析です。また、内部だけではなく、外部環境についても、プラスになる面と、マイナスになる面を考えるていきます。ビジネス戦略を策定する際や、マーケティングの意思決定を行なっていくために良く使われる考え方です。

下記の4つの言葉の頭文字をとってSWOT(スワット)分析となっています。

S:strength 強み

W:weakness 弱み

O:opportunity 機会

T:threat 脅威

 

SWOT分析実際に考えてみた

一つ事例として、TwitterのSWOTを考えてみました。

強み

拡散性が高さや発信のしやすさ、新たなコミュニティの形成ができることが強みとしてあげられます。また、マーケティングの課題設定にしやすい「マイナスな口コミ」がオープンの場で多く出現しやすいことも他のSNSにはない強みと言えます。

弱み

140文字という文字制限があり、他のSNSよりも情報量が少なくなってしまことや、匿名なので、信用性に欠ける内容も多くあふれています。気持ちよく利用するためには、最低限のモラルやマナーを持ち合わせていないといけません。

機会

SNS利用率がスマホの普及により年々増加していることや、それに順する形で、マーケティングを検討していく上で必要不可欠になっています。

脅威

最低限のモラルやマナーを持ち合わせていない人が、個人情報を意識せず公開してしまったり、他人を傷つけてしまう、また、未成年の使用を不安視されていることで、SNSに対しての印象が良くないことがあげられます。

 

 

ここから、Twitterをマーケティングに利用するときに注意しておくポイントを導き出したり、起こりそうな課題に対して検討することにつなげていくことができます。

まとめ

ビジネスの場には、意思決定しなければいけない場面が数多くありますが、会社の方向性や課題を見つけるためには、数値からわかる量的データの分析と合わせて、SWOT分析のような質的データでの分析も活用していくと良いでしょう。

 

 


 

株式会社 inglow(イングロー)は、Webプロモーションとマーケティングオートメーション(MA)を2軸とした名古屋本社のデジタルマーケティング専門会社です。

一般的なWeb広告運用会社さんは広告運用に主軸をおきますが、当社はあくまでWebプロモーションです。

クライアントのソリューションに合わせて、Webライター、カメラマンを使い、オリジナルコンテンツを設計。更にそこへの誘導導線を築き、ここから初めて運用検証、改善フェーズへと移って行きます。

また、マーケティングオートメーション領域では、導入支援はもちろん、導入後の広告施策と合わせたキャンペーン設計まで、Webプロモーション×マーケティングオートメーションを一気通貫で行っています。

プロモーションとしてのデジタルマーケティングに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

▼スマリスを無料ではじめられる「FREEプラン」が登場!!
そのリストづくり、もうやめませんか?インサイドセールス向けリスト自動生成・クラウド管理ツール「スマリス」

Related Blog
関連記事

2019.12.26
イノベーター理論とは?
2019.12.25
Webマーケティングをやる上で覚えておくべきマーケ用語まとめ
2019.12.19
LTVって何?
2019.12.17
タグマネジメントツール「GTM」ってなに?
2019.12.16
BtoBtoC、BtoBtoB、CtoCとは?