inglow Blog

Marke Blog
マーケティングブログ

[2020年9月最新]主要なWebプロモーション手法とその失敗しない選び方!

カテゴリ:Webマーケティング

2020.09.17

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webプロモーションに取り組んで利益を伸ばす方法について解説します。

・Webプロモーションに取り組みたいけど、何をすれば良いか分からない。
・どのWebプロモーション手法を選べば上手くいくのか知りたい。

こういった悩みを持たれている方には必見の記事となっております。

弊社では、クライアント様のWebプロモーション戦略設計をして運用し、成果を出すところまで全てサポートさせて頂いておりますので、本記事の信頼性の担保になるかなと思います。

それでは、早速いきましょう。

Webプロモーションとは?

Webプロモーションとは、Web広告やSNSなどを用いてWeb上で顧客に対して商品・サービスの購入を促し、利益を伸ばそうとすることを言います。

インターネットが普及する前は、商品・サービスの宣伝をする際にはテレビCMや紙媒体によるチラシなどを用いていましたが、Webプロモーションに取り組むことが出来る環境が整ったことで、より安い費用でより多くの顧客に商品・サービスの宣伝が出来るようになりました。

Webプロモーションのメリット・デメリット

Webプロモーションのメリット

Webプロモーションに取り組む主なメリットは、以下のような感じです。

  • より多くの顧客に認知を広められる
  • 改善点を修正しながら取り組むことが出来る
  • 拡散力が大きい

より多くの顧客に認知を広められる

テレビCMによって商品・サービスの宣伝をする際には、CMが流れるタイミングでテレビを見ている人に対してしか認知を広めることが出来ませんでしたが、Webプロモーションに取り組むことで時間や場所に関係なく商品・サービスの宣伝をすることが出来るようになりました。

こういうことから、Webプロモーションに取り組むことで、より多くの顧客に認知を広められるということが分かります。

改善点を修正しながら取り組むことが出来る

例えば広告のデザインやテキストであったりSNSでの投稿内容は、一度投稿しても修正することが出来ます。

さらに、専門的なツールを使えば、広告やSNSの投稿内容がユーザーにどのくらい多くみられているかなどを知ることが出来て、それをもとに改善点を日々修正しながら取り組むことが出来るため、成果を出しやすいということが言えます。

拡散力が大きい

インターネットには拡散力がありますので、一度出稿された広告や投稿された内容は、ユーザーのアクションなどによって一気に拡散されます。

そのため、効率よく多くの顧客に商品・サービスについての情報を届けることが出来ます。

Webプロモーションのデメリット

Webプロモーションに取り組む主なメリットは、以下のような感じです。

  • 専門的な知識が必要
  • 時間と労力が必要となる

専門的な知識が必要

Webプロモーションへ取り組んで成果を実際に出すためには、専門的な知識が多く必要になります。

専門的な知識がないと、SEO対策に取り組んでも記事を上位表示させることは出来ないですし、Web広告などに関しても、ユーザーがクリックしやすいバナーのデザインやテキスト内容を作りあげることは難しいです。

そのため、Webプロモーションで成果を上げるには、日々それらについての知識をインプットしながら取り組む必要があります。

時間と労力が必要となる

上で解説したように、Webプロモーションに取り組んで成果を出すためには、専門的な知識が必要になるので、それらを身に付けるまでに多くの時間と労力が必要になります。

主なWebプロモーション手法

SEO

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された際に、広告枠を除いた部分の中で自社の記事が上位表示されるように行う対策のことを言います。

例として、Googleで「サプリメント」と検索した時の画面を下部に表示しました。

ご覧の通り、最上位には「広告」が表示され、その下からGoogleのアルゴリズムによって記事が順に表示されていることが分かるでしょう。



数多くあるwebプロモーション手法の中でも、対策による効果が非常に大きいという点が大きな特徴でもあり、検索順位を一つ上に表示出来るだけで売り上げが2倍になるということも数多くあります。

SEOのメリットとしては、以下のような感じです。

  • 低コストでの集客が可能
  • 作成したコンテンツは半永久的に残るので、会社の資産になる

また、SEOのデメリットとしては、以下のような感じです。

  • 記事を書いて上位表示させるまでにかなりの時間が必要になる

なお、SEO対策をどのようにすればよいのかについて知りたい方は、下記記事をご覧になり、解説している手順に沿って一つずつ実行していくことをオススメします。

~[2020年9月更新]Webマーケティング手法の1つ、SEOで成果を上げた運用方法!~

実際に弊社が取り組んでアクセス数を着実に伸ばすことが出来ている方法を細かく解説した記事ですので、信頼性はあるかなと思います。

Web広告

検索エンジンでの検索時に上部に表示されるリスティング広告、Webサイトの広告枠などに表示されるディスプレイ広告、InstagramやTwitterなどのSNSに表示されるSNS広告など、ウェブ上に表示される広告をまとめてWeb広告といいます。

テキストによる広告のみでなく、画像や動画などのバリエーションがあり、訴求したい内容やターゲットに応じて柔軟に使い分けることが出来るという点から、Webプロモーションの数多くある手法の中でも非常に多くの企業が施行されている手法となっています。

Web広告のメリットとしては、以下のような感じです。

  • 入稿すればすぐに表示されるので、即効性がある
  • アプローチしたい層を細かくターゲティング出来る

また、Web広告のデメリットとしては、以下のような感じです。

  • 広告を表示させ続けるためには、広告費を払い続けなければならない

一言にWeb広告と言っても種類が非常に多く、アプローチ出来る層や費用、ターゲティング方法などが広告の種類によって大きく異なります。

それぞれの広告の特徴や成果を出すための運用方法などについて知りたい方は、下記記事をご覧ください。

[2020年9月最新]Web広告で成果を上げる運用方法!

SNS

最後のWebプロモーション手法としては、SNSがあります。

SNSにはLINE、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどがありますが、今や日本人の4人に3人が利用しているとも言われているように、非常に多くの日本人が利用しています。

SNSを利用すれば、そういった非常に多くの顧客に対してアプローチすることが出来るようになります。

SNSの主なメリットとしては、以下のような感じです。

  • コストゼロで関心の高いユーザーへのアプローチが可能。
  • リピーターの獲得にもかなり大きな効果を発揮することが出来る。
  • 最近の若者の間では、GoogleよりもInstagramによる検索回数のほうが多いという調査結果もあり、若者をターゲットにしたビジネスなどでは特に運用効果が大きい。

また、SNSの主なデメリットとしては、以下のような感じです。

  • ちょっとした不手際でもすぐに拡散されてしまうため、炎上によるイメージダウンのリスクがある。

非常に多くの顧客にアプローチ出来るという点が時には悪い方向にもはたらいてしまうということを知っておく必要があります。

Webプロモーション手法の選び方

費用

一般的な相場としては、コストを抑えたければ、安い順に下記のようになります。

①SNS(無料で始められる。)
②SEO(ドメイン代、サーバーレンタル代などのみ)
③Web広告( 効果を実感するためには、それに伴ってかかる費用も高くなる。 )

SNSに関しては、誰でもコストゼロでアカウントを作成し、自由に運用することが出来ますし、SEOに関しても数万円で始められるので、スタートアップ企業個人事業主の方などには、こちら二つがオススメです。

ターゲット層

商品・サービスの購買意欲が比較的高い顕在層へアプローチしたい場合は、 SEOWeb広告、中でもリスティング広告、リターゲティング広告などが効果的です。

SEOやリスティング広告などは、商品・サービスに対して少なからず興味を持っている顧客層がGoogleなどの検索エンジンで検索した際に表示させるものなので、顕在層へアプローチ出来ることが分かります。

また、リターゲティング広告というのは、主にWebサイト上やSNS上に表示させる広告で、一度自社サイトへ訪れた顧客に対して表示させる広告です。

自社サイトへ訪れる顧客も、自社に対して少なからず興味を示していることが多いので、リターゲティング広告も顕在層へアプローチするのに効果的な方法だと言えます。

リスティング広告とは?運用までの手順と失敗しない方法について徹底解説!

Web広告の一種、リターゲティング広告で成果を上げる運用方法!

それに対し、まだ商品・サービスに対して特に興味を示していない潜在層へアプローチしたい場合は、 SNSやWeb広告、中でもディスプレイ広告、アフィリエイト広告が効果的です。

理由としては、SNSに関しては、自らのアクション(フォロー、いいね、ダイレクトメッセージ)によって自身の商品を宣伝することが出来るということが挙げられます。

SNSで上手く情報を発信することで、もともとは自身の商品に興味を持っていなかった層に対して宣伝することが可能になり、結果として興味を示してもらうことが出来るようになります。

Webプロモーション施策による成功事例

ここまで主なWebプロモーション手法とその特徴、手法の選び方などについて解説してきましたが、そうはいっても正直どの手法を選んだら良いのか分からないという方も多いと思います。

そういった方に向けて、弊社、株式会社inglowは、過去に担当させて頂いたクライアント様がどういったWebプロモーション手法を選んでどういった成果が得られたのかというのを業界別にまとめた成功事例集を用意させて頂いております。

下記リンクから無料で受取可能ですので、成功事例をもとにどの手法を選ぶか決めていきたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

inglow Webプロモーション成功事例集

まとめ

以上、Webプロモーションについて解説してきました。

各Webプロモーション手法によってアプローチ出来るターゲット層や費用などが大きく異なるので、本記事を何度も読んでインプットすることが大切です。

また、一つの手法のみに取り組むだけでは、継続的に利益を伸ばし続けることは難しいです。

各手法を組み合わせて継続的に利益を伸ばし続ける方法などについては、下記記事をご覧ください。

[2020年9月最新]Web集客で失敗しないための全て[これさえ知っておけば充分]

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

*毎月先着5組様限定!Webマーケティングの無料個別相談会*

株式会社inglowでは、WEBマーケティングにおいて課題を抱える企業担当者様向けに、WEBマーケティングのプロに相談できる無料の個別相談会を開催しております。

日々多くの方からご相談を頂くので、お客様一人一人への対応の質を維持するために人数制限を設けさせて頂きました。

▼「Webマーケのことあれこれ相談会」の詳細はこちら!

Webマーケティング無料相談会の詳細及び申し込みフォーム


Related Blog
関連記事

2020.10.20
Web広告流入後のLP施策
2020.10.12
[2020年10月更新]LTVを高めるコツと他にやるべき4つのコト
2020.09.25
[2020年9月更新]EFO対策のコツと他にやるべき4つのコト
2020.09.25
[2020年9月更新]LPO対策のコツと他にやるべき4つのコト
2020.09.07
webマーケティング3つのステップ